韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本製品ボイコットが効果、韓国の対日貿易赤字が過去16年で最低に?

日本製品ボイコットが効果、韓国の対日貿易赤字が過去16年で最低に?

2019年11月18日、米華字メディア多維新聞は、日本製品ボイコットの影響により、韓国の対日貿易赤字がこの16年で最低水準になる可能性があるとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事は、韓国・聯合ニュースの18日付報道を引用。韓国産業通商資源部などが同日発表したデータで、今年1~10月における韓国の対日貿易赤字額が前年同期比で20.6%減少して163億6600万米ドル(約1兆7800億円)となったことを紹介。2003年以降の同時期で最も低い水準であり、10年の半分程度だとした。

そして、対日貿易赤字減少は輸入減が輸出減を大きく上回ったことによるもので、その背景にはサムスン電子やSKハイニックスが世界的なメモリ業界の不況に伴って設備投資を調整し、日本製の半導体部品や設備の輸入を大幅に減らしたほか、製品ボイコット運動により自動車、服飾、酒類、電子製品などの主要な消費財の輸入も大きく減少したことが背景にあるとの分析を伝えている。

スポンサードリンク
また、専門家の予測として、来年に半導体業界の市況が回復すれば対日貿易赤字は再び増加する可能性はあるものの、中長期的に見れば対日貿易環境は「これまでとは異なる局面が発生する」可能性があるとした。
https://www.recordchina.co.jp/

2013-12-16-tpp.jpg

私は日韓貿易での赤字3兆円は変わらないのではと記載しましたが、その状態を語ったわけで、単に半導体の減少での数値でしかないだろうという事。そしてもう一つは、日本以外の日系企業から部材調達をしている事。結果基本的には日本企業からの調達状況は変わらない。また設備投資は、半導体減少であるから設備投資も減少する。しいて言えば減少している間に新技術での設備投資を上昇させるのが企業の成長戦略になるのだがそれはない。

上記を考慮すれば、単に経済低迷による輸出入減少であり、日本からの輸入を抑えて、他国の日系企業からの輸入は増加したという事でしかない。日本企業からすればたいして変わりはない。

関連記事

[ 2019年11月20日 08:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp