韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の「5G世界一」の陰に日本の技術!100%依存の部品も

韓国の「5G世界一」の陰に日本の技術!100%依存の部品も

2019年11月19日、韓国・朝鮮日報は「韓国で4月に世界で初めて5Gが商用化されたが、5Gの基地局やスマートフォンに使われている部品の一部は日本製に100%依存している」と報じた。

18日に韓国の科学技術情報通信部が国会の予算政策処に提出した予算案によると、5Gの設備や端末に使われる部品のうち、5G基地局用のレーザーダイオード(通信信号を光信号に変える部品)、5G基地局の信号伝送用ケーブル、超高周波スマートフォン用アンテナは現在、日本製に100%依存している。

その他に5G基地局でデータを高速で伝送するインターコネクタ、5Gスマートフォンの周波数に対応したモジュールなど7種類の部品も日本企業が市場の60%以上を占めるという。

記事は「特にレーザーダイオードと超高周波スマートフォン用アンテナは、日本がこれまでに積み上げてきた半導体の微細化工程、超小型精密加工技術が必須のため、日韓の技術の格差は大きい」と分析している。

スポンサードリンク
同部の関係者は「国会に提出した資料は、輸入への依存度が高い部品について国産化の必要性を説明する過程で作成した」とし、「5Gネットワーク設備の輸入部品のうち日本製は11%ほど」と説明した。その上で「日本への依存度が高い5G関連部品は、これから供給の多様化を推し進め、131億ウォン(約12億円)の予算を編成して技術開発および商用化に積極的に取り組む」と話したという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-11-21-k001.jpg

日本国内の通信事業者が5G(世代)移動通信の商用化過程で超高周波の28GHz帯域と6GHz以下(サブ6GHz)帯域で同時に通信装備の設置に入った。1秒間に280億回振動する28GHzは3.5GHz帯域と比較してはるかに速い速度を具現でき、「本当の5G」と評される。一方、4月初めに「世界初の5G商用化」を発表した後、韓国の科学技術情報通信部と国内移動通信3社は従来のLTE周波数(最大2.6GHz)と隣接した3.5GHz帯域だけでサービスをしている。

そして5G通信システムの中枢技術・部品も日本製と伝えている。だが上記内容にもあっる通り、「本当の5G」は日本に遅れているという事だ。北朝鮮と中国に寄り添い、日米に反発する中で、日本の技術力なしで対応は無理という事だ。重要部品であるから、比率11%と言う問題ではない。

関連記事

[ 2019年11月21日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
こういう基幹部品を韓国には思いっきり高い値段で売りたいですね。
[ 2019/11/21 09:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp