韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  GSOMIA失効なら…トランプ政権、韓国経済を“焦土化”か!?

GSOMIA失効なら…トランプ政権、韓国経済を“焦土化”か!?

ナルド・トランプ米政権が、韓国への対抗措置を準備している。再三の警告にも関わらず、文在寅(ムン・ジェイン)政権は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の維持に同意しないからだ。このまま、23日午前0時に失効期限を迎えれば、「文政権によるレッドチーム入り宣言」とみなしそうだ。

文大統領は19日、テレビの特別番組で「最後の瞬間までGSOMIA破棄を避ける努力をする」と語ったが、責任回避の意識がにじんだ。麗澤大学の八木秀次教授は集中連載「突破する日本」で、トランプ政権が今後、韓国の半導体産業などをターゲットにした、経済焦土化を進める可能性を指摘した。

韓国は日米の軍事情報を、中国・北朝鮮へ漏らす“常習犯”だ。それが、「日本とは軍事情報を共有し難い」(文大統領)とは片腹痛い。 韓国保守論壇の重鎮、イ・ドヒョン氏が著書『韓国は消滅への道にある』(草思社)で明らかにしているが、金大中(キム・デジュン)政権の2000年に入ったころから、北朝鮮の諜報機関はスパイを韓国に潜入させる必要がなくなったという。 大統領の意向一つで、米韓連合軍の日々のトップ・シークレットが、北朝鮮の最高責任者(当時は金正日=キム・ジョンイル=総書記)の机の上にすぐに置かれるからだ。

スポンサードリンク
(略) 米国はすべてを承知しながら韓国をあからさまに非難しなかった。同盟国であるからだ。しかし、あまりにひどいと金融で韓国にお灸を据えた。 韓国がGSOMIA破棄から米韓同盟解消に走ろうとした場合、何が起きるか。「焦土化」だ。韓国経済を壊滅させるのだ。日本が韓国への輸出管理を強化したのは半導体製造の材料だった。「米国の意志」も透けて見える。半導体は安全保障に直結する戦略製品だ。中国の「属国」に作らせるわけにはいかない。半導体産業を壊滅させるのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

韓国の言い分は、GSOMIA破棄は日本が韓国への輸出管理の見直しを行ったことへの報復。だがGSOMIA破棄は文政権の公約でもある。貿易上の輸出管理の見直しに対して、まったく筋違いの措置あるから外交力欠如国である。米国の強引な対応ばかりを見てきているだけに、米国と同じ振る舞いを実施し、それを真似る韓国は、そもそも大きな勘違いと言える。米国と韓国は比較対象外である。米国傘下の裏で韓国は大きな態度対応を実施してきたわけで、そのツケは取り返しがつかないほど大きいという事だ。

米国と対等の位置付けに復権した日本に対し、いくら我儘な態度をとっても、アジアのリーダー国の日本を敵国視したわけで、尋常では無いだろうし、日本の優遇処置と言う恩恵すら、不正輸出と言う悪行で、アジアのリーダー国から見放されるのでは、孤立以外に道はない。アジアにおける韓国の地位は非常に低い。日本はいずれ中国に追い越されるが、高い地位の天皇制を持つ日本は、中国と連携し、外交力でアジア経済を先導するだろう。

今は中国軍とのいがみ合いは厳しい状態だが、中国と如何に外交を通じて、協力し合えるかがカギとなる。そこに韓国はいない。

関連記事

[ 2019年11月21日 09:25 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp