韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ユニクロがヒートテック無料進呈、「嫌韓マーケティング」との批判も

ユニクロがヒートテック無料進呈、「嫌韓マーケティング」との批判も

今年7月に日本製品の不買運動が始まって以降、代表的な日本ブランドとして攻撃を受けたアパレル大手、ユニクロが最近、防寒機能がある肌着「ヒートテック」の無料進呈イベントを行ったところ、今度は「意図的な嫌韓マーケティング」だとする批判にさらされている。ユ

ニクロは他国でも同様のイベントを実施しているが、韓国では「韓国人はタダが好きだという認識を広めるために今回のイベントを企画したものだ」とする陰謀論が飛び出した。

ユニクロは15日から21日まで「冬の感謝祭」セールを実施している。年2回行うセールで、今回は値引き販売のほか、ヒートテックを無料で配布した。価格に関係なく、商品を購入すれば、合計で10万点を進呈する企画だ。同社は今年、米国、カナダ、オーストラリアでも無料進呈イベントを実施した。

問題はそれが大きな人気となったことだ。毎日各店舗で90-100人分を準備し、先着順に進呈したのだが、客が殺到し、開店から1時間でなくなる店舗も出た。インターネット上ではユニクロのレジにできた行列が話題になった。

スポンサードリンク
すると、今度はユニクロが行列を演出したのではないかとする陰謀論が登場した。韓国学中央研究院のチョン・ウヨン客員教授は18日、自身のソーシャルメディアで、「日本人の代表的な嫌韓論に『朝鮮人はタダならばじっとしていられない』というのがある」とし、「ヒートテック無料配布は『攻撃的マーケティング』ではなく、『嫌韓マーケティング』だ」と分析した。 ユニクロ関係者は「今年が韓国進出15周年に当たることを記念して準備したイベントであって、他に背景はない」と話した。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-21-k006.jpg

中国独身の日で大きな利益を出したユニクロは、世界展開で韓国での不買など問題ではない。その韓国で無料配布も在庫処理ならば、無料で十分宣伝になる。理由が何であれ、何を言われても売れたが勝ちの世界。タダに弱い朝鮮人。日本の自動車も同様だ。大きな値引きで日本車はまた売れだした。不買運動の実施緩和は、日本製品購入意欲を増すのは事実。いつまでも日本製品不買運動は出来ないだろう。

何処を見ても日本製品だらけに気が付けば、日本製品・部品排除など、結果的にできなかったという事だ。そんな中で韓国政府は日韓貿易での赤字が大きく減少したと報じている。だが部材は韓国内と台湾などの日系企業から調達している。結局は日本企業から購入しているわけで、自国技術が日本を頼らずに維持するのは無理となる。理由は単純で中小企業雇用が9割近い国である。設備投資や人材と製造技術力に弱い韓国は、日本の技術伝授による合弁会社の受注に頼らざる負えない。

関連記事

[ 2019年11月21日 09:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp