韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米国、在韓米軍の一部撤収を検討

米国、在韓米軍の一部撤収を検討

韓米防衛費分担金特別協定(SMA)に向けた交渉で米国はこれまでの5倍に相当する防衛費負担を韓国に求めているが、これに韓国が応じない場合に備え、トランプ政権は在韓米軍の一個旅団を撤収する方向で検討を行っていることが19日(現地時間)までに分かった。米国は従来の5倍となる50億ドル(約5400億円)の分担金を韓国に要求しており、これに韓国は強く反発している。

交渉についてよく知るワシントンのある外交筋は19日「韓国との交渉がトランプ大統領の思惑通り進まない場合、1個旅団の撤収を準備していると聞いた」と述べた。しかし米国が撤収を検討する旅団の任務やその規模についてはまだ分からないようだ。米軍の1個旅団とは3000-4000人に相当し、この程度の削減であれば米議会が2019年に国防主権法で定めた最低限の規模にも抵触しない。

米議会は2019年度の国防主権法などを通じ、現在およそ2万8500人の在韓米軍を2万2000人以下に削減することを禁じている。しかしこれは逆に言えば現在の在韓米軍から最大で6500人を削減できるという意味にもなる。

米国のエスパー国防長官も19日、韓米防衛費分担金交渉の決裂に伴う在韓米軍撤収の可能性について問う質問に「推測はしない」としか述べなかった。

スポンサードリンク
フィリピンを訪問中のエスパー長官はこの日行われた共同記者会見の席で「防衛費交渉について、やるかやらないか決まっていないことについて予測とか推測はしない」と述べた。これは「もし韓国と米国が防衛費分担金交渉で決裂した場合、次の決定は何か」という質問に答えたもの。エスパー長官は「韓国は富裕な国だ」「もっと貢献できるし、貢献すべきだ」と改めて主張した。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-21-k007.jpg

米議会は、現在2万8500人規模の在韓米軍を2万2000人以下に削減することを禁じてはいるが、米軍削減は米議会が定めたルールに抵触しない。従って削減する可能性は高い。仮に在韓米軍の1個旅団(3000-4000人)が削減されても、朝鮮半島の軍事バランスに大きな変化は起きない。とはいえ、米軍1個旅団が抜けた軍事的空白を埋めるために、韓国軍は大きな苦労を強いられる。

現状韓国は、70年間在韓米軍に守られ平和を維持している。北朝鮮に寄り添い平和慣れしているのは事実。米軍の1個旅団は3000-4000人に相当するなら2個旅団の削減もあるだろう。いずれにしても米軍が撤退することによる韓国民の心理的影響はおおきいはず。北朝鮮が韓国制圧しかねない心理的負担も大きくなる。
[ 2019年11月21日 12:31 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp