韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  在韓米軍の撤退案にいきり立つ韓国世論「軍事費のゆすりだ」

在韓米軍の撤退案にいきり立つ韓国世論「軍事費のゆすりだ」

2019年11月22日、中国メディアの環球網によると、韓国国内で「米国が韓国に対して在韓米軍の撤退をちらつかせながら、在韓米軍費用をさらに負担するようゆすりを仕掛けている」との声が上がっている。

記事によると、韓国紙・朝鮮日報は21日に「米政府が在韓米軍1旅団の撤退を検討中である」と報じた。数日前には米国が韓国に対して約50億米ドル(約5400億円)の在韓米軍費用を求めたことが伝えられたばかりで、韓国世論からは「軍事費のゆすりだ」の批判が飛び出したと記事は伝えている。

そして、「いきり立つ韓国世論に対して韓国政府が直ちに『なだめ』にかかった」とし、同日に国防部報道官が「あくまでメディアの報道であり、米政府の声明ではない」と語ったこと、康京和(カン・ギョンファ)外相も「エスパー米国防長官が数日前に在韓米軍の削減は行わないとの意思を公に示している」と語ったことを紹介した。

スポンサードリンク
一方で、「韓国政府高官の発言は韓国世論の怒りの感情を抑え込むには不十分だった」とし、韓国・中央日報が「これまで外部から在韓米軍撤退の情報が出るたび米国防当局は一概に否認してきた。しかし、トランプ政権においてこの防衛線はもはや崩壊したようだ。米陸軍は9カ月ごとに韓国に新しい装甲旅団を派遣しており、次回は来年4月の予定になっている。年末までに防衛費用負担の決着がつかなければ、米国はこの旅団の派遣を拒否するというカードが切れる」と評したことを伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-11-07-k002.jpg

韓国は日本との条約を破り、徴用工訴訟問題で日本企業に金を要求してきたわけで、日本政府は5億ドル援助の中に盛り込んだにもかかわらず、日本をゆすっているわけであるから、自己都合でしかない。慰安婦合意の10億円もどこに行ったやら。都合が悪いと騒ぐだけ騒いで、日本に責任転嫁するのだから異常を超えている。

在韓米軍分担費用は、そもそもが韓国優遇で来た事情がある。米国傘下の韓国と言う位置付けで、日本と共に敗戦した韓国を優遇し、朝鮮戦争では敗退寸前の韓国を救った。そして今日まで在韓米軍に守られ平和に過ごしてきた。しかし歴史を見れば朝鮮はそもそも国がまとまらずに敵対を繰り返してきたわけで、70年も分断した国家が、政局が合わずに戦争し、今頃統一という事自体が無理がある。北朝鮮は米国を憎み、韓国は日本を憎む。そして北朝鮮と韓国の折り合いは合わないままである。

米国同盟として、韓国だけが安い分担費用と言うのは問題で、他の国とも同じ水準にする必要がある。在韓米軍の一部撤退が始まってから慌てても遅い。

関連記事

[ 2019年11月22日 12:11 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp