韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国政府、「条件付き」GSOMIA終了通知の効力停止を決定

韓国政府、「条件付き」GSOMIA終了通知の効力停止を決定

韓国政府が条件付きでGSOMIAを延期する方針を決定した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)は22日午後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員が参加する会議を開き、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了に関する韓国政府の最終的な立場を議論した。

金有根(キム・ユグン)NSC事務局長は「韓日両国政府は最近、両国間の懸案を解決するために、それぞれ自国が取る措置を同時に発表することにした」とし「韓国政府はいつでも日韓軍事情報包括保護協定の効力を終了できるという前提で2019年8月23日の終了通知の効力を停止させることにし、日本政府はこれに対する理解を示した」と発表した。

続けて「韓日間の輸出管理政策対話が正常に行われている間、日本側の3品目の輸出規制に関する世界貿易機関(WTO)提訴の手続きを停止することした」と述べた。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
韓国側は、日韓が輸出管理適正化措置を撤回しない限り、GSOMIAの延長には応じないとしていた。しかし現時点で日本政府が輸出管理適正化措置を撤回したという事実はない。「条件付きでGSOMIAを延長」と伝えているが、GSOMIAは二国間協定である。従って日本政府の合意なく、韓国政府の一存で勝手に終了させることができるという事はない。

2019-11-08-k001.jpg

後出しじゃんけんの得意な韓国である。今回のGSOMIA延長が「無条件」ではないならば、韓国の一存でまたいつGSOMIAの破棄が宣言されるかわからない。結局来年8月24日に同じことが勃発するという事になる。今回のGSOMIA延長は、日本にとっては形式的とみるべきだろう。米国の圧力もあったのは事実とは言え、韓国側の歩み寄りがあったとみるべきで、一応の形を作ったという事。

本来は破棄でも日本政府はさほど困るわけではない。しかし韓国側は在韓米軍撤退を含めた圧力が米国からあったわけで、一時中断せざる負えない状況と考えるべき。またいつでもわがまま言って勝手に破棄へ向かう事もありうるわけで、約束を守らない韓国は信用性に欠ける。一応非難の矛先が韓国とならない様に逃げたというべきだろうか。

関連記事

[ 2019年11月22日 19:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp