韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  「ビッグガイ」な中国とうまく付き合う方法

「ビッグガイ」な中国とうまく付き合う方法

2019年11月23日、中国紙・環球時報によると、豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドはこのほど、中国と付き合うには中国をよく理解する必要があるとする記事を掲載した。

記事は、今から5年前の14年11月、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がオーストラリア連邦議会での演説で、13億以上の人口を擁する中国は「群衆の中のビッグガイ」のような存在だとした上で、「他国はこの大きな国がどう歩み、どう動くのか、自国に衝突するのか、自国の道をふさぐのか、自国の縄張りを占領するのかどうかを見る必要があるに違いない」と述べたことを紹介した。

記事はこの言葉について、「当時の中国は自身の力をどのように使うかがまだ確定していない」と理解していたが、5年が過ぎた今、「中国は二の足を踏んでいる」という見方は誤りであり、実際にはオーストラリアや他の国に対して婉曲(えんきょく)に「中国の自信を過小評価しないよう注意を促していたのだと分かる」と論じた。

そして、当時よりさらに「グローバル化し、強大になり、力を誇示するようになった」中国は、外部からの批判にもより敏感になったが、「その勤勉さと活力に変化はない」と分析。このような「ビッグガイ」な中国の経済や科学技術の分野に関して感服する一方で、「不安も感じる」とした。

スポンサードリンク
記事は、オーストラリアが中国と良い付き合いをしていく方法に関する学者や政策専門家の意見を紹介した。
その1つが「中国を理解するよう努力すること」で、流ちょうな中国語を話せる非中華系のオーストラリア人が少ないことに言及し、個人間やビジネス間の関係を深化させるよう努力する必要があるとした。 2つ目は「中国に対して一貫した態度をとること」。 3つ目は「周辺国や非欧米系のオーストラリア人との関係を深めること」。
https://www.recordchina.co.jp/

日本と中国は、永遠に引っ越しできない隣国同士だ。予見し得る将来、大国同士の関係であり続ける。しかも変化が著しい国際的潮流の中で、21世紀を生きていくことになる。そうであるならば、日本と中国の間に平和で安定した協力関係を構築すること以外に、理にかなった選択肢はない。

「中国人」とは、「中国(中華民国および中華人民共和国)における諸民族」の総称と定義されている。中国における諸民族以外にも、外国籍から帰化して中国籍を取得した人も中国人と呼ぶ。中国には、現在56民族が暮らしており人口の大半を漢民族が占めている。一民族が人口の大半を占めているが、驚くべきは残りの55民族がすべて少数民族である。

しかも、少数民族は漢民族を好ましく思わないことが多いという中国ならではの特性がある。異なる民族の中国人を受け入れる上で、特に日本企業がこのことを理解しておかなければ、中国人との付き合い方に問題が生ずる恐れがある。訛りや方言を好意的にとらえる日本人は多くいますが、コミュニケーションの手段を誤ると、人との付き合い方に支障をきたす原因にもなりかねない。中国人材の雇用を推進する日本企業にとって、この認識は必要不可欠となる。

また国家間として、狭義の文化芸術だけではなく、食文化、スポーツ、アニメ、企業経営、学術研究などさまざまな分野を含んだ幅広い「文化」交流であり、そのための協力である。文化は人を惹きつける力を持ち、人と人との関係を近づけ、お互いの理解を助ける。日中の文化交流の大きな仕掛けが急務となっている。

関連記事

[ 2019年11月25日 08:26 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp