韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米「韓日間の仲裁はしない」…GSOMIA問題は決着済みという立場

米「韓日間の仲裁はしない」…GSOMIA問題は決着済みという立場

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の条件付き延長という交渉結果の発表を巡って韓国と日本が激しいやりとりを続ける中、これを仲裁した米国は「(今後は韓日間の問題に)仲裁者としての役割はしない」として一歩引いた。GSOMIA終了の効力停止を「更新」と表現した米国務省の認識が反映されたもので、米国は「GSOMIA問題はすでに決着がついた」と見なし、今後は韓米間の防衛費分担金を巡る交渉などに力を入れたい考えのようだ。韓国政府は韓日間の合意後「今回の協議が終わった後も、もし日本が輸出規制を撤回しない場合はいつでもGSOMIAを終了できる」と主張しているが、米国の態度は明らかにこれと大きな隔たりがある。

25日付の日本経済新聞によると、米国務省のスティルウェル東アジア・太平洋担当次官補はGSOMIAの条件付き延長について「(韓米日3カ国による安全保障協力にとって)前向きで希望を持たせるものだ」とコメントしたという。今月23日に日本の名古屋で同紙のインタビューに応じたスティルウェル氏は「3カ国の協力は最も強力なメッセージをこの地域に発信するだろう」と述べ、また韓日関係改善については「米国には超然として両国の対話を促す役割がある」との考えを示した。スティルウェル氏は強制徴用に伴う賠償問題や日本の輸出規制問題など、韓日間で今後解決すべき懸案について「(韓日)両国は今後の期限に関わりなく、時間をかけて解決策を見いだすことができるだろう」「米国の介入は短期的な解決策にはなるかもしれないが、長期的にはそうならない」と述べたという。

スポンサードリンク
スティルウェル氏は「韓日間の歴史問題などに米国が介入すれば、両国の対立がさらに激しくなりかねない」との理由で「米国は仲裁者としての役割はしない」と明言した。「韓日間の対立に米国を引き入れるな」との考えを明確にした形だ。さらに「韓国がGSOMIAを延長したことで防衛費分担金に対する米国の圧力は弱まるのか」との質問にスティルウェル氏は「一つの問題と別の問題を関連づけるのは合理的とは考えない」と回答した。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-15-k002.jpg

日本は米国に韓国を振れば、今回の様に身を引き、日韓にまた戻す。米国のいつものやり方だが、アジア圏で米国が動き、韓国に分担費等で圧力を加え、これで良しとなれば調子よく、知らんふりをする。米国の自己都合も困った問題なのだが、戦後ずっと韓国は米国の対応を見て真似たという部分が多分にある。 大国となる米国で世界を先導する国が、アジアの小国である韓国が米国を真似る。

真似るのは偉そうな上から目線に怠慢な態度となる。そこに朝鮮人の性格を加味すれば、ウソで固めた性格となるのだろうか。従って米国の韓国指導の在り方は大きな問題でもある。米国傘下でいかにも戦勝国ずらしてきた韓国だけに、わがまま放題に自己都合。挙句に後出しで、決めた事をぶり返す性格。どれをとっても朝鮮人と米国のプライドもどきを真似れば、どの国も付き合いたくは無いだろう。

今回も結局は米国に振られた韓国が、日本へ文句をつけるという不思議な動きで日韓問題をぶり返すという、大国に弱い韓国を浮き彫りにした。だがすでに日本は、敗戦後から復権しているわけで、韓国の態度対応は今では通じない。我儘とうそを繰り返しては、中国と米国の間をふらつく国である。

日本からすれば、同じアジア圏とは言え、米国傘下の韓国などと関わりたくは無いわけで、米国がしっかりと指導するべきことである。今の日本は危険極まりない日本の立ち位置で、自国防衛網の形成は不可欠となった。米国が動くとアジア圏は問題が増えるだけである。もっと責任ある行動をとってもらいたいが、

関連記事

[ 2019年11月26日 15:27 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp