韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  逆ギレの韓国・文政権「ホワイト国」復帰絶望か…日本が突き付けた「3条件」

逆ギレの韓国・文政権「ホワイト国」復帰絶望か…日本が突き付けた「3条件」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、狼狽(ろうばい)し、逆ギレしている。米国の圧力を受け、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を維持したが、日本側は安全保障上の輸出管理厳格化と完全に切り離しているからだ。自国のずさんな輸出管理態勢を棚に上げ、日本の経産省の発表内容に抗議し、「日本側は謝罪した」などとウソまで吹聴している。これでは、貿易上の優遇国「グループA(ホワイト国から改称)」への復帰など絶望的だ。

「韓国側が『3つの条件』をクリアしない限り、『グループA』から韓国を除外したことを見直すことはしない」 自民党が25日に開いた外交部会や国防部会などの合同会議で、経産省の保坂伸貿易経済協力局長は、こう言い切った。 「3条件」とは、(1)日韓の2国間での「政策対話」で信頼関係を築く(2)通常兵器に関する輸出管理態勢を整える(3)輸出検査にあたる人員拡充などの態勢強化-の3つ。日本が当初から指摘してきた最低条件である。

れを受けて、経産省は「輸出管理の問題点について、韓国側が改善の意欲を示している」として、貿易管理に関する「政策対話」を再開する方針を発表した。GSOMIAとは無関係だ。

スポンサードリンク
ところが、文政権はGSOMIAを維持したのは、日本側と「グループA」復帰に向けた「協議」に入るからだと、日韓での「政策対話」を「協議」と国内向けにすり替えて説明した。「日本側は抗議を受け、謝罪した」というウソまでついた。義偉官房長官は25日の記者会見で「(韓国側の反応に)いちいちコメントすることは生産的ではない」「政府として謝罪した事実はない」と全否定し、「輸出管理の見直しは、GSOMIAとは全く異なる問題だ。今後、関係当局間で『対話』がなされるだろう」と淡々と語った。
http://www.zakzak.co.jp/

2012-12-17-abe.jpg

今の韓国政府は信用するネタもない。これだけウソを上塗りしては、今後韓国とともに何かするという状態にはならないだろう。あまりにひどい状態であり、日本を恨むというのは、それだけ日本に負けての悔しさであるから、馬鹿に付ける薬はないという事だ。日本に負けない自信がある国が、細かい事で金を要求し、挙句にホワイト国を利用し、不正輸出を実施する事も無いだろう。

毅然とした国ならば、日本など相手にもせずに、結果で勝負するだろう。ところが日本にどれをとっても勝てる内容はない。半導体やスマホの数量で勝ったと記事を拡散する。これほど無駄なことは無い。自信がない国ほどに騒ぎ、日本の敗戦と言う弱みを利用する卑劣な手を使う。卑怯者のやることであるから、二度と韓国など助けない事である。

関連記事

[ 2019年11月27日 09:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp