韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ大統領の失敗で「北朝鮮の非核化」は絶望的…日本にとって最悪な状況

トランプ大統領の失敗で「北朝鮮の非核化」は絶望的…日本にとって最悪な状況

誰の目にも「北朝鮮の非核化」は絶望的であることは明らかであろう。米国の「対北朝鮮政策の失敗」の責任の大半は、ドナルド・トランプ大統領本人にある。つまり、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、異常に甘い態度を示し、政治的パフォーマンスだけの米朝首脳会談を繰り返し、在韓米軍の撤退を軽々に発言し、米韓合同演習を「挑発的で金がかかりすぎる」と放言し、次々と中止した。

トランプ氏は、「北朝鮮の非核化が進捗(しんちょく)していない」という批判に対して、「北朝鮮はロケットを発射していないし、核実験もしていない。日本はハッピーだし、アジア全体がハッピーだ」とツイートしたが、極めて不適切だ。 なぜならば、北朝鮮の核兵器は破棄されることなく存在し、弾道ミサイルも廃棄されず、各種の新型ミサイルの発射実験が続いているからだ。トランプ氏は、第2回の米朝首脳会談(2019年2月、ベトナム・ハノイ)以降も続く、北朝鮮の度重なる短距離ミサイルの発射(=これは明らかな国連決議違反である)を「問題ない」と認めてしまった。

安倍晋三首相は、トランプ氏に対し、「北朝鮮の短・中距離弾道ミサイルは日本の脅威である」と説得したはずだ。日本にとって北朝鮮の核ミサイルは依然として脅威であり、ハッピーな状況ではなく、最悪の状況だ。

スポンサードリンク
トランプ氏は当初、最大限の圧力による「力による平和」を朝鮮半島で実現すると公言していた。17年当時、核・ミサイルの実験を繰り返す北朝鮮に対し、「すべての手段がテーブルの上にある」と正恩氏を脅し、恐怖心を与えていた。それが、18年に入ると、「最大限の圧力という言葉は嫌いだ」と発言し始め、準備不十分なままに第1回の米朝首脳会談の開催(18年6月、シンガポール)を受け入れてしまった。その後、第2回および第3回(19年6月、板門店)の首脳会談を行ったが、首脳会談の目的が「北朝鮮の非核化」からどんどん離れていってしまった。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-11-27-k005.jpg

世界経済を動かすほどの米国大統領が、自国防衛などと語り、自身のアピールばかりにとらわれるとこうなる。米国の内需は縮小しつつある。中国と友好的な外交を実施し世界の安定を図るのではなく、中国を潰すための関税では、関税の掛け合いは関連国を含めて世界経済を低迷させるだけとなり、米国にとって有効的な手段ではない。

トランプは結果ばかりを見すぎて、緻密な計画で外交を通じ結果に結びつけていない。挙句に日韓米軍の分担費で米国の同盟国でさえ圧力をかけている。米国に投資を実施している事すら関係ないとばかりに、経常収支となる所得-内需で、今まで所得以上に内需が拡大した事での経常収支赤字を理解していないから、単なる貿易収支に目が行く。これでは正しい外交と折衝だのみならず、世界の米国大統領としての他国指導など出来るわけも無い。

危険な中国に対し、米国の製造を委託しつつ、危険行為をやめるための外交が無いわけで、そのしわ寄せは日本政府に来る。米朝首脳会談など、会談実施だけのパフォーマンスでは、日本は危険になるばかりとなる。

関連記事

[ 2019年11月28日 12:03 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp