韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ソウルの路上で暴行受けた日本人被害者が公判出席…「処罰望む」

ソウルの路上で暴行受けた日本人被害者が公判出席…「処罰望む」

ソウル・弘大入口駅近くの路上で日本人女性を暴行したとして起訴された30代の男の裁判に、被害者と当時の同行者が証人として出席した。 27日にソウル西部地裁刑事9単独(パク・スヒョン裁判長)審理として開かれた被告の男(33)の公判に出席した日本人女性Aさん(19)は、「被告の処罰を望むか」という判事の質問に対し「はい」と答えた。

被告は8月23日午前6時ごろ、弘大入口駅近くを歩いていたAさんの髪の毛をつかんで引っ張るなど暴行した上、暴言を吐いて侮辱したとして拘束起訴された。この事件でAさんは脳震とうなどで全治2週間と診断された。 Aさんは「被告が事件当日『ナンパ』しようとしてしつこくついてきたので、韓国語のできる同行者が『やめてください。迷惑です』などと話した」「すると被告が急に態度を変え、韓国語と日本語で暴言を吐いて暴行した」と話した。

Bさんも証人尋問で「被告が『一緒に遊ぼう』と声をかけてきたが、断ると『無視しないでくれ』と大声を上げた」と説明した。さらに「被告は当時、状況を撮影していたAさんに近づいて携帯電話を持っている方の腕を殴り、髪の毛をつかんで地面に引き倒した」と証言した。

スポンサードリンク
Aさんは「暴行の2日後に警察で事情聴取を受けているとき、頭痛と呼吸困難の症状が出て病院の救急室に搬送され、今は少し良くなったが事件の後は腕も感覚がなくなった」と後遺症を訴えた。 Aさんは、事件当時被告を撮影した理由について、弁護側の質問に答えているときに、泣き出す場面もあった。Aさんは「日本で韓国人に殴られたことがあったが、そのとき警察に助けてもらえず怖かった覚えがある。そのため何か起きたら証拠を残さなければと思い、撮影した」と説明した。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-30-k001.jpg

この様な事件は多数ある。危険な韓国には行かない事である。K-POP人気で訪韓する若い女性は多いが、今の韓国人は異常である。この国への渡航制限をしていない日本政府にも問題はある。すぐ切れる韓国人のみならず、韓国社会のストレスと自己都合は限界を超えている。事あるごとに日本を卑劣に扱うようでは、韓国政府のみならず、韓国民もストレスの発散する場所が無い事で、訪日女性が狙われるケースは多い。事件として記事となるかならないかの違いだけとなる。

関連記事

[ 2019年11月30日 09:27 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp