韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の企業はどのように限定商品を利用しているか

日本の企業はどのように限定商品を利用しているか

2019年11月26日、中国産業経済信息網は、日本企業による限定商品を利用した販売戦略について紹介した。 記事は、「日本の店やコンビニなどでは『限定』の文字をよく見かける」と紹介。「日本のメーカーはこの二文字の魔力をよく知っており、顧客の個性化のニーズに合わせて、『期間限定』『数量限定』『季節限定』『地域限定』などをリリースしている」と説明した。

その上で、「このうち『期間限定』は、例えば桜の季節には桜にちなんだ商品を期間限定で発売し、夏になると『夏季限定』、冬には『クリスマス限定』などの商品を販売する」と紹介。「スポーツのビッグイベントでも期間限定商品をリリースし、アサヒは東京五輪にちなんだゴールドラベル、三ツ矢も64年の東京五輪当時の味を再現したサイダーを期間限定で発売している」と紹介した。

また、「17年にコカ・コーラが日本の9つの地域で『地域限定』のデザインを発売した。地域の特徴を反映したデザインはコレクションブームを引き起こした」としている。 記事は、日本企業が限定商品を好んでリリースする理由を3つ挙げた。その1つは、「自分だけが持っているという消費者心理」だ。記事は「限定販売することで希少性が生まれ、消費者は買って得したという気分になるので積極的に購入するからだ」と論じた。

スポンサードリンク
2つ目の理由は、「競争」だ。記事は「物質的に豊かな日本では品質だけで売ることは難しくなっており、顧客を引き寄せることはできない」と指摘。「激しい競争の中でメーカーは常にアイデアを出して新たなセールスポイントを探しており、限定商品はその中でも確実な方法だ」とした。 3つ目は、「人材と設備の支持」。記事は「限定商品の研究開発に人材は欠かせず、いち早く新発売するには技術面でのサポートが必要。この両者がそろっている日本では限定商品を販売する環境が整っている」と論じた。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-01-27-watasi.jpg

限定販売、もしくは限定発売とは、企業が商品を地域や期間などに区切って販売する方法。 全国販売に先駆けて試験的に行われるマーケティング目的の限定販売や、商品の購買意欲を高める目的で行われるものがある。 企業の負担が軽い割には効果が大きく、最近では意図的に行われるケースが増えている。

特に限定と言う言葉を聞くと、付加価値が高く感じる。ただ標準品と同じ金額ならば、購買意欲が上がるかと言うと難しい。限定と言う付加価値分の多少上乗せ金額が合ってこそと言う認識もあるだけに、考慮が必要だ。限定品が売れれば、そのあとの標準も売れる可能性は高まるわけで、価格は限定との機能或いは性能或いは外観等の差で、どれだけ安くするのかは難しい。あまりに安すぎると売れないケースも多々あるだけに、限定商品と標準商品の価格差には統計データーを活用したり、あらかじめ宣伝で効果的に対応するケースた多い。

関連記事

[ 2019年12月02日 08:31 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp