韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済いよいよ崖っぷち、国民はついに「我慢の限界」を迎えた

韓国経済いよいよ崖っぷち、国民はついに「我慢の限界」を迎えた

韓国では、GDP(国内総生産)成長率の低下に伴い、国民の間で政府に経済対策を求める声が高まっているという。特に、失業率が高く厳しい雇用情勢に直面している若年層の中では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、すぐに効果が実現できない“南北統一”よりも、より身近な問題である経済対策を優先するよう求める人が増えつつあるようだ。

最近実施された一部の世論調査からもその傾向は確認できる。それにも拘らず、文大統領は、これまでの経済軽視・南北統一優先の政策運営姿勢を改めようとする兆しが感じられない。徐々に、若年層中心に我慢の限界に近付いているとみられる。また、目先の景気下支えを目指して韓国銀行(中央銀行)が進めてきた利下げも限界を迎えつつある。 文政権が国内の雇用情勢などを改善できないようだと、韓国経済の実力は低下するとともに、世代間・地域間の経済格差の問題はこれまでにまして深刻化する恐れがある。

国銀行は2019年と2020年のGDP成長率予想を引き下げた。韓国経済は輸出比率が高いこともあり、海外要因に影響される側面が大きい。そうした状況下、中国経済の減速や米中の貿易摩擦などの要因で、韓国経済が自律的かつ持続的な成長率の回復は想定しづらいというのが中銀見解といえる。 さらに韓国銀行は、輸出を中心に今後の経済の不確定要素が増えているとの見解も示した。

スポンサードリンク
内需の落ち込み懸念が高まる中、おそらく文政権は財政出動を増やさざるを得ない状況に追い込まれるだろう。それが実現すると、一時的にGDP成長率を一時的に押し上げる可能性がある。ただ、その効果が長い期間持続するとは考えづらい。文政権が成長分野に経営資源が再配分されやすい環境を整備し、経済全体の効率性向上につながる政策を目指すとは想定しづらいからだ。
https://news.livedoor.com/

2019-10-31-k005.jpg

韓国政府は大手企業の低迷に公的資金投入で、失業率を抑え込む対応策をとる。がしかし、税金投入で本来の原因を誰も対策しない。つまり税金投入が最終対応策となる。こういうう行動を続けてきたのは、韓国企業を常に助ける国があったからだ。当然日本はその主軸にいたわけで、今なお韓国は日本にすがる思いがありつつ、反日を実施している不思議な国である。

北朝鮮を見るのもよいが、北朝鮮からの攻撃から国を守るための在韓米軍であるにもかかわらず、文政権下は北朝鮮へ不正輸出をしている。在韓米軍からすれば、存在感の無い状態にある。今は在日米軍との連携比率は高いだろう。文大統領は分担金を払っているのが自国であるという上から目線の体質を持つ。これは韓国民すべてに言える事だが、今は在韓米軍は邪魔な状態にある。ところが米国の怒りで、驚きとどまった文氏。

韓国政府は責任ある行動は何一つできない。何か決めても必ず後で文句を言う。いざ米軍が引き上げるとトランプが言えば驚き、日本に泣きつきつつも、後で日本が云々と言いだす連中である。自国経済対応も外交も出来ない理由に、隠蔽体質がある。悪くても良いという出すわけで、国が崩壊し初めて大慌てする。 文大統領は、通貨危機の発生でどの国も韓国を助けないという状況を理解していない。結局この国と関わること自体が無駄であるから、他国は韓国を無視することになる。

関連記事

[ 2019年12月02日 14:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp