韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「裏切り者!」中国&北朝鮮、韓国へ軍事圧力強化か…「対日」軍備拡大の韓国

「裏切り者!」中国&北朝鮮、韓国へ軍事圧力強化か…「対日」軍備拡大の韓国

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の孤立化が深まっている。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を当面維持する(=条件付き延長)と発表してから10日たつが、北朝鮮や中国が「裏切り者」として、弾道ミサイル発射や軍用機侵入などで軍事的圧力を強めているのだ。日米両国も、異常な軍備増強を続ける文政権への警戒感・不信感を緩めていない。

「米国と日本への屈服は恥辱と破滅の道だ」「民族の尊厳と利益を日米に売り渡す、反民族的犯罪である」 北朝鮮の対南宣伝サイト「わが民族同士」は11月29日の論評で、韓国の文政権が同月22日、GSOMIA維持を決めたことについて、こう非難した。 激しい怒りを示したのか、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、GSOMIA維持発表の翌日(11月23日)、韓国に近い島の部隊を訪れ、海岸の火砲を試射させたのに続き、同月28日には「超大型多連装ロケット砲」の連射実験を参観した。韓国を標的とする短距離弾道ミサイルとみられる。

中国も同月29日、東シナ海で韓国と管轄権を争う暗礁、離於島(イオド=中国名・蘇岩礁)付近から、中国軍機1機(Y-9偵察機と推定)を韓国の防空識別圏内に約20分間も侵入させた。韓国軍は戦闘機を緊急発進(スクランブル)させた。韓国軍合同参謀本部が同日発表した。

スポンサードリンク
今回、同盟国・米国の「強力な圧力」を受けて、韓国は「当面維持」を発表したが、一連の騒動で、日韓関係だけでなく、米韓関係にも大きな禍根が残った。「反日・離米・従北・親中」の文政権だけに、今後どうなるかは分からない。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-11-26-k003.jpg

そもそもウソつき韓国である。都合が悪くなれば何でもする国である。北朝鮮や中国に次は歩み寄るだろう。文大統領は日本を敵国視したうえに、北朝鮮への不正輸出は継続中と考えれば、文氏の都合の良い言動が北朝鮮や中国に伝わるのも時間の問題だ。北朝鮮と中国との首脳会談となるかは不明だが、このまま孤立で行き場を失うとは考えにくい。まだ一つ二つの反日米行動を実施すると見たほうが良い。、

来年度の国防予算案が初めて50兆ウォン(約4兆6000億円)を超えること自体異常値である。今の文政権では日本への対抗と考えるべきで、韓国と北朝鮮とで、日米をターゲットとした体制を作るとも考えられる。これは強いては米国への反発となる。これに対してトランプ大統領がどう行動するのか、また日本防衛で安倍首相はどう動くのかは大きな関心ごととなる。

関連記事

[ 2019年12月02日 18:52 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp