韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  起亜自動車、インドに年30万台の生産拠点完成

起亜自動車、インドに年30万台の生産拠点完成

起亜自動車は5日、インド・アンドラプラデシュ州アナンタプルで年産30万台規模の自動車生産工場の竣工式を行ったと発表した。年産70万台規模の現代自動車チェンナイ第1・2工場と共に、現代・起亜自グループはインドで年産100万台の生産設備を整えたことになる。これを契機に世界4位の自動車市場であるインドを本格的に攻略する構えだ。

インドは輸入車の対する関税が60%に達し、現地生産拠点の確保が必須だ。2017年10月に着工したアナンタプル工場は、約450台のロボット自動化設備、工場用水の100%再利用システムなどを採用した最先端工場だ。従業員は約3000人で、今後電気自動車、ハイブリッド車などを生産できるシステムも備えている。

アナンタプル工場は今年7月から小型SUV(スポーツタイプ多目的車)「セルトス」を生産し、試験操業に入った。8月に発売されたセルトスは先月までの4カ月で4万649台を売り上げ、インド市場のSUV販売台数でトップに躍り出た。起亜自は来年前半に高級な室内空間と最先端のITを採用したプレミアムモデルの多目的車(MPV)、来年後半にはセルトスよりも小型のエントリークラスのSUVをそれぞれ発売し、インド市場の攻略に拍車をかける計画だ。

スポンサードリンク
インドの自動車市場は昨年の販売台数が337万台で、国別で世界4位に浮上した。しかし、昨年末からの景気低迷の影響で、最近は11カ月連続で販売台数が減少している。起亜自関係者は「若い層に人気がある先端仕様を多く搭載し、モバイル・オンライン販売プラットフォームを構築するなど、顧客との接点を増やし、危機を克服していく」と説明した。
http://www.chosunonline.com/

2019-12-06-k003.jpg

インドの自動車市場に急ブレーキがかかっている。インド自動車工業会(SIAM)が発表した7月の乗用車の販売台数は前年同月比31%減だった。31%減は約18年ぶりの落ち込み。前年割れも9カ月連続となった。インドの自動車市場は最近まで好調で、乗用車の年間販売台数は過去5年で約33%増加していた。現代自動車や現代自傘下の起亜自動車はインドでのシェア拡大に向けて数十億ドルの投資を行っている。中国の上海汽車集団(SAIC)もインド市場を狙っている。

販売が落ち込む前までは、インドは2020年までにドイツと日本を抜いて、世界3位の自動車市場になるとの見方も出ていた。今では、大手自動車メーカーも苦境にあえいでいる。新しい安全基準や排ガス規制により価格が上昇しているほか、金融機関の貸し渋りや全体的な景気の減速などにより、消費者が支出に後ろ向きになっている。マルチ・スズキは、インドの乗用車市場で約5割のシェアを誇るが、7月の販売台数は36.7%の減少だった。タタ・モーターズも31%の減少だ。

これに対し、政府は、信用不安の解消に向けた公的銀行への資金注入や、商業銀行の個人・中小企業向けの貸出金利の政策金利との連動の義務化、車両登録料の引き上げ時期の延期、車両の減価償却率引き上げ、などの対策を相次いで打ち出している。今後は、これらを受けて自動車販売は徐々に持ち直しに転じると見込まれる。もっとも、2020 年4月以降は、新たな排ガス基準の導入に伴う車両価格の上昇が販売下押し要因となる。また需要創出要因となる一定年数の車齢に達した車両の廃車を義務化する政策も検討されており、自動車販売は引き続き振れやすい状況が続く。
[ 2019年12月06日 09:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp