韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権、中国に頭上がらず“平身低頭”ぶり際立つ

韓国・文政権、中国に頭上がらず“平身低頭”ぶり際立つ

「あらゆる手段で中国を押さえ込み、発展について悪く言う者もいるが、結局は失敗に終わるだろう」 王氏は5日、韓国政財界の要人を招いたソウルでの昼食会でこう演説した。トランプ米政権への非難であることは明白だ。韓国については「信頼できる長期的な協力パートナーで、両国は既に利益共同体だ」と強調した。

康京和(カン・ギョンファ)外相との4日の会談でも米国を念頭に「中国は大きな国が小さな国をいじめることに反対し、自分の力を信じ、他人に強要することに反対する」と述べた。だが、韓国の保守層からは「THAAD(米軍の高高度防衛ミサイル)問題で『3つのノー』を無理強いしたのは中国ではないか」と反発する声が出た。

韓国は2017年の文大統領訪中前にTHAAD配備への中国の強い反発を受け、THAADの追加配備▽米国のミサイル防衛への参加▽日米韓安保協力の同盟への発展-をしないという「3つのノー」を約束した。事実上の報復といえる韓国への団体旅行の制限などは和らいだものの、芸能人の中国での活動の制限とともに依然続いている。

スポンサードリンク
米ワシントンでは3、4日、在韓米軍の駐留経費をめぐる米韓協議が開かれた。米側は韓国に現行の5倍近い負担増額を迫り、平行線をたどっている。韓国与党からも「米側が要求を押し通すなら、(協議結果の)国会の同意を拒否すべきだ」と米国批判が公然と起きている。文政権はGSOMIAの破棄は踏みとどまったが、米韓間の亀裂は隠しようがない。そうした時期に王氏は訪韓した。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-12-06-k005.jpg

中国の王毅外相は4年ぶりに訪れた韓国で、文在寅大統領と会談し、今月下旬の日中韓3か国の首脳会議を通じて両国が連携していくことで一致したと報じている。会談の冒頭、文大統領は今月下旬に北京で開かれる日中韓3か国の首脳会議について言及し「韓国と中国との対話が今後深まることを期待する」と述べた。これに対し王毅外相は「中韓、日中韓の協力を進めていかなければならない」と述べ、首脳会議を通じて両国が連携していくことで一致したとの事。

日中韓連携と言うのは時期早々である。韓国のウソつき文大統領は中国政府にも行き届いているわけで、その確認も含め中国 王毅外相の訪韓となった。どう受け止めたかの判断は難しいが、少なくとも韓国への圧力は与えたわけで、次はトランプ大統領が動くだろう。日中韓の首脳会談は、形式のみと感じている、むしろ日中首脳会談に主眼が置かれるだろう、
[ 2019年12月06日 09:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp