韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ますます手馴れてきた中国人旅行者

ますます手馴れてきた中国人旅行者

2019年12月3日、中国紙・環球時報はマレーシアメディア・The Asean Postの記事を引用し、海外旅行へ出掛ける中国人旅行者がますます手馴れてきていると伝えた。

記事は、今世紀初めには海外へ出掛ける中国人が年間延べ1000万人ほどに過ぎなかったと紹介。昨年はこの数字が台湾や香港、マカオへの訪問も含めると延べ1億5000万人となり、過去最高となったと伝えた。中国の人口は約14億人であることを考えると、中国の旅行市場は大きな潜在力があるとしている。

海外旅行への関心が高まった理由について記事は、多くの人が考えるように収入の増加だけではないと指摘。「海外旅行が簡便になり、多くの国でビザ発給の要件が緩和され、格安の航空チケットやデジタル化によって旅行が便利になったため、海外旅行の経済、申請、心理的な敷居が低くなった」と説明した。

中国人に人気の旅行先は、「地理的に近く文化習慣も似通ったところ」で、上位3位はタイ、日本、ベトナムだという。中国人旅行者は消費額も非常に多く、12年には米国を超えて世界一の消費総額となったが、1人当たりの消費額では米国の方がまだ多いと伝えた。

スポンサードリンク
その上で記事は、「中国人旅行客の消費の仕方に変化が表れている」と説明。以前のようにショッピングセンターで金を湯水のように使うことは少なくなり、「病院での消費」が増えているという。「昨年だけで、60万人以上の中国人が海外で健康診断やがん治療、整形手術を受けている」と記事は伝えた。 また記事は、世界観光機関が、「中国の若い世代にとっての旅行は、生活を楽しみ、生活体験をする方法であり、買い物をする機会とは見なさなくなっている」と分析していると紹介。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-12-09-k003.jpg

中国人観光客が増加している大きな理由のひとつに、中国人に対するビザの発給要緩和がある。2010年以前は、団体旅行客にのみビザが発給され、個人旅行客へのビザ発給は無い。また、厳しい収入制限も存在し、一定以上の収入がない中国人へはビザが発給されなかった。これらの条件が数回にわたって緩和されたことが中国人観光客増加の要因になっている。

また中国人観光客増加の要因として円安の影響じゃ無視できない。一時期に比べると、日本円は約2/3にも下がっており、中国人にとって日本旅行は割安となった事が要因。日本での宿泊費や交通費に加えて、日本での買い物もこれに含まれるため、いわゆる衰えたとはいえ「爆買い」の大きな要因になっている。これは円安の影響により、中国人には日本の商品が非常に安く感じられている様だ。

関連記事

[ 2019年12月09日 09:29 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp