韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米韓電話会談でトランプ氏“怒り”の警告か!…「文氏はしどろもどろ…」

米韓電話会談でトランプ氏“怒り”の警告か!…「文氏はしどろもどろ…」

ドナルド・トランプ米大統領は7日午前(米国時間6日夜)、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話首脳会談を行った。北朝鮮情勢について協議したというが、トランプ氏の本当の狙いはそれではない。中国の王毅国務委員兼外相が訪韓(4、5日)したタイミングで、文氏の外交・安全保障のブレーンが「中国の核の傘入り」について言及するなど、韓国が再び「裏切りの本音」をあらわにしたからだ。北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、同国北西部東倉里(トンチャンリ)で「非常に重大な実験」が行われたと発表した。

「文氏は、しどろもどろだったようだ。トランプ氏は『米国をナメている!』と怒り狂っている。ホワイトハウスでは『文政権敵視・排除』論が噴き出している」 米情報当局関係者はこう語った。米韓首脳電話会談は7日、約30分間行われた。両首脳の電話会談は5月8日以来、実に7カ月ぶりだ。 韓国大統領府は記者会見で「(電話会談は)トランプ氏の要請で行われた」と突然だったことを明かし、会談内容は「北朝鮮の『非核化』が難航し、朝鮮半島情勢が難しい状況にあるとの認識で一致」「今後も米韓首脳間で通話することを確認した」と説明した。

大笑いだ。大ウソだ。 日本の外務省関係者は「トランプ氏は、文氏を毛嫌いしており、電話会談の要請は異例だ。王氏の帰国直後に言いたいことがあった、ということだ。1つは、『また米国を裏切り、中国に寝返るのか』という怒りの警告。もう1つは、『米国は北朝鮮への新軍事作戦を持っているぞ』という警告だ」といった。

スポンサードリンク
特に「文政権の司令塔」である、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が4日、国際会議で放った以下の発言が、米国を激怒させた。 「もし、北朝鮮の非核化が行われていない状態で在韓米軍が撤退したら、中国が韓国に『核の傘』を提供し、その状態で北朝鮮と非核化交渉をするという案はどうだろうか?」(朝鮮日報・日本語版、5日)。 外事警察関係者は「文政権は常軌を逸している。先月22日、米国の逆鱗に触れて、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の当面維持を発表し、事実上、土下座で、米国と同盟関係をつなぎとめたばかりだ。裏切りの本性丸出しだ」と語った。
http://www.zakzak.co.jp/

2013-12-17-kim.jpg

核実験とミサイル発射の準備が始まった。北朝鮮は、米本土を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)『火星15』などを、日本の領土を超えて太平洋に打ち込みかねない。またトランプなら北朝鮮半島を攻撃する可能性は高い。日本政府はこういう事態に備えた外交を実施する必要がある。桜もよいが、政治を前に進める必要がある。朝鮮半島は戦火の海となれば、日本は当然後方支援に入る。そうならないために安倍首相は再度気を引き締めて外交に専念する必要がある。今の状況は日本本土は非常に危険になったという事だ。まして韓国が北朝鮮に加担すればなおさらとなる。
[ 2019年12月10日 09:30 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp