韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「うまく交渉を」韓国を応援する日本…自らの「防衛費カード」なく苦悩

「うまく交渉を」韓国を応援する日本…自らの「防衛費カード」なく苦悩

日本が来年から米国とする在日米軍駐留経費(防衛費分担金)交渉を控え、すでに始まっている韓米間の交渉に注目している。韓国がどれほど善戦するかによって日本の対応の程度が決まるからだ。防衛費分担金特別協定(SMA)有効期間が一定でない韓国とは違い、日本の場合は5年ごとに決めるため、米国の圧力はさらに強まるだろうという懸念が出ていると、日本経済新聞が11日報じた。

まず、交渉の時期が日本には難関だ。来年夏から本格交渉に入って2月に合意すれば、2021年から5年間適用される。しかし来年11月に米大統領選挙が予定されていて、再選を狙うトランプ大統領が交渉期間は日本に強い圧力を加え続けると予想されるからだ。

実際、トランプ大統領は遊説で同盟の防衛費分担金増額を政治的功績として強調した。トランプ大統領は3日、ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長との会談で、安倍晋三首相との分担金関連議論の内容を公開的に取り上げた。トランプ大統領は「日本は我々を助けなければいけない」「日本はお金を持っている。裕福な国だ」と安倍首相に伝えたと明らかにした。

スポンサードリンク
どれほどの増額を要求するかもカギだ。日本政府関係者は日本経済新聞に「7月に当時のボルトン補佐官が訪日した当時、日本側に(具体的な金額を明らかにせず)大幅増額を求めた」と伝えた。一時、日本国内では一抹の楽観論もあった。米政府の資料によると、日本の防衛費分担比率は他の同盟国に比べてはかるかに高いからだ。2004年に米国防総省は日本の分担費は75%で、韓国(40%)、ドイツ(32%)より多いと発表した。 日本の分担費が高いのは、いわゆる「思いやり予算」のためだ。
https://japanese.joins.com/

2019-12-12-k005.jpg

在日アメリカ軍の駐留経費の日本側の負担、いわゆる「思いやり予算」をめぐり、アメリカの一部メディアは、ことし7月、トランプ政権の高官が4倍に増やすよう日本政府に求めたと報じている。7月に日本を訪れた当時のボルトン大統領補佐官が、在日アメリカ軍の駐留経費の日本側の負担「思いやり予算」を、現在の年間およそ20億ドルから4倍の80億ドル、日本円にしておよそ8700億円に引き上げるよう日本側に求めた。「思いやり予算」をめぐっては、5年ごとにアメリカ側と特別協定を結んでいる。、日米両政府は来年、交渉を行う。

日本はすでに他の同盟国より負担の面で貢献しているとの指摘もあるが、トランプの事であるから素直には受け止められない。来年始まる日米交渉でアメリカの出方が注目される。
[ 2019年12月12日 09:27 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp