韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権、GSOMIA“再破棄”は失敗か!…米空軍「死の鳥」B52で警告飛行

韓国・文政権、GSOMIA“再破棄”は失敗か!…米空軍「死の鳥」B52で警告飛行

国連安全保障理事会は11日午後(日本時間12日早朝)、北朝鮮の「核・ミサイル問題」をめぐり緊急会合を開いた。非核化をめぐる米朝協議停滞に不満を抱えた北朝鮮がクリスマスにも、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に踏み切る危険性があるのだ。米空軍は「死の鳥」と恐れられるB52戦略爆撃機を警告飛行させた。こうした国際情勢は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の悪巧みを粉砕しかねない。文政権は、日本の輸出管理厳格化を解除させるため、当面維持した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の再破棄もチラつかせてきたが、朝鮮半島の緊迫化で選択肢が少なくなっている。

「北朝鮮は自らの義務を果たし、挑発行為を避けなければならない」「われわれが何かをする前に全てやれとは求めていない。柔軟に対応する用意がある」 米国のケリー・クラフト国連大使は国連安保理の緊急会合前、記者団にこう語り、北朝鮮に非核化をめぐる米朝交渉に復帰するよう求めた。 緊急会合は、今月が議長国である米国が開催を要請した。北朝鮮が5月以降、短距離弾道ミサイル発射を繰り返しているうえ、7日に北西部東倉里(トンチャンリ)の西海衛星発射場で、ICBMのエンジン燃焼実験とみられる「重大実験」を強行したため行われた。理事国ではないが、韓国も「利害当事国」として加わった。

スポンサードリンク
金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮は、米朝協議の期限を一方的に「年末まで」と区切り、強硬姿勢を強めて、ドナルド・トランプ米政権に譲歩を迫っている。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-12-08-k001.jpg

「従北・親中」の文大統領は「レッドチーム入り宣言」をしているわけで、北朝鮮への加担と同じ。不正輸出や人道支援など、あらゆる方法で北朝鮮を支援している。中国には低姿勢で、米国トランプ大統領が怒りを文氏にぶつけても、彼はすでに米国の圧力も気にかけていないだろう。そもそも日米に従う気は無いわけで、何を言われても効く耳はない。気を付けないと今の韓国は北朝鮮とグルになり、日本を攻撃しかねない。

金正恩は韓国が支援する物資によって考えが変わる。今は韓国などと語ってはいるが、もし北と南が悪巧みで手を組めば、朝鮮半島は戦火の海となりかねない。文氏の暴走に、トランプのデタラメ外交で、日本の周りは危険がいっぱいである。桜云々と語っている状態ではない。

関連記事

[ 2019年12月12日 16:10 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp