韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の来年度予算は9.1%増、「経済回復に刺激」期待

韓国の来年度予算は9.1%増、「経済回復に刺激」期待

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は11日、政府は10日に本会議で可決した来年度の財政予算を実行していくと述べた。同日付で中国メディア・新華社が報じた。

来年度予算案は今年度と比べて9.1%増の512兆3000億ウォン(約46兆9020億円)。記事によると、企画財政部は声明で「政府は来年、関連する予算措置をなるべく早く行い、経済回復に刺激を与える方針」と発表した。

また、同部は来年の財政収入が計481兆8000億ウォン(約44兆109億円)になると予想しており、財政赤字と政府債務の比率がそれぞれ国内総生産(GDP)の3.5%と39.8%を占める見通し。これはどちらも今年度の数字を上回るという。

韓国政府は今夏、来年度の財政予算を513兆5000億ウォン(約47兆110億円)とする案を提出していたが、国会が最終的に可決した予算案はそれより1兆2000億ウォン(約1100億円)削減されたものとなった。

スポンサードリンク
記事は韓国の経済状況について、「現在、輸出の減少や消費の低迷といった困難に直面している。11月の時点で月間輸出額は12カ月連続でマイナスとなり、消費者物価指数(CPI)も同様に低下している。第3四半期にはGDPも0.4%のマイナス成長となった」と説明した。
https://www.recordchina.co.jp/

2013-11-20-wa.jpg

日本のように一次所得が黒字で海外から金が入ってくるが、韓国の場合は海外から入ってくる金は貧弱だ。なので一時所得は大きな赤字となっている。韓国の赤字の内容は、政府予算の赤字となる。国家予算のほぼ半分を占めるわけで、内容は外国人投資家への借金となる。つまり外責だ。これは致命傷となる。家計負債で莫大な借金を抱え、尚且つ政府の国家予算の半分が借金で、日本のような国債で云々というわけには、貧弱な銀行では無理。

それでも国家予算を膨らませ、高齢化社会による福祉関連や、国防衛費は日本への対抗心から、日本の防衛費を超えるのではないかと言うほどに膨らんでいる。後のツケは国家破綻でしかない。通貨危機は米中貿易摩擦で米国のドルが弱まった事で政策金利低下で命拾いしている状態。現在1ドル1170ウォンであるから、危険水域となる1120ウォン近くをうろうろしている。がしかし海外投資家はウォンを売って離れている。これが継続すれば、いずれウォンは下落し、通貨危機となる。

関連記事

[ 2019年12月13日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp