韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  孫正義、投資の勘が落ちたのか…ウィワークの失敗に続き、ワグからも撤退

孫正義、投資の勘が落ちたのか…ウィワークの失敗に続き、ワグからも撤退

日本ソフトバンクグループの孫正義会長が率いる「ビジョンファンド」が、ペットの散歩代行会社「ワグ」の持分を売却することにした。ビジョンファンドは、米国共有リース会社ウィワーク、米車両共有会社ウーバーなどへの投資の失敗などで、今年第3四半期(7〜9月)は2016年のファンド発足後最悪の成績を記録した。そんな中、孫会長がもう一つの「投資失敗」事例を追加したという分析が出ている。ビジョンファンドの業績悪化があまりにも深刻なため、その余波がグループ全体に及ぼす悪循環が生じたとみられる。

米CNNは10日(現地時間)、「昨年、ワグに3億ドル(約3571億ウォン)を投資したビジョンファンドが、保有株式の約半分をワグに売り返すことにした」とし、孫会長がワグ投資を放棄していると見られると報じた。ソフトバンクの役員が務めていたワグの取締役会の議席も手放した。CNNは、「ソフトバンクの莫大な投資に支えられ、次世代巨大情報技術(IT)企業に生まれ変わるように見えたスタートアップがまた没落した」と指摘した。

ソフトバンクグループは、今年第3四半期だけで7000億円(約7兆6852億ウォン)を超える赤字を出した。同期間ビジョンファンドだけで9702億円の赤字を出したからだ。携帯電話や通信業などの本業での成績はまだ良好な方で、ビジョンファンドの損失を一部補填できたが、限界があるという分析が出ている。

スポンサードリンク
これまでビジョンファンドの投資先選定は孫会長の感覚に完全に頼ってきた。彼は、企業価値が10億ドル以上の非上場企業を意味する「ユニコーン企業」への投資を好んだ。9月末基準で、韓国のクーパン、米国のウーバー、ウィワーク、スラック、中国の滴滴出行など、世界88のスタートアップに約707億ドルを投資した理由だ。しかし、ウーバーとウィワークの赤字が深刻なうえ、ク-パンでもこれといった成果を上げられずにいる。
http://www.donga.com/

2014-02-13-mago.jpg

ソフトバンクグループの国内通信子会社ソフトバンクは今年6月、千葉市で上場後初めてとなる株主総会を開で、「成長には自信を持っている」と答えている。子会社化を予定するヤフーと連携するなど、非通信分野を強化する考えを示したのもこの時だ。ソフトバンクは2018年12月に東証1部に上場した。公開価格(売り出し価格)は1500円だが、24日の終値は1406円となるなど上場以来、公開価格を下回った状態が続く。株主からは低調な株価の責任を問う声が広がった。

ヤフーのほか、スマートフォン決済「ペイペイ」やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」事業を伸ばすなど継続的な成長に自信を示した。「数年後に営業利益1兆円企業を目指す」として、18年度の営業利益から4割程度伸ばす考えを示していた。一方、20年春に商用化を予定する次世代通信規格「5G」の設備は、4月に日本政府から割り当てられた周波数向けで「5Gのネットワークについてはエリクソンとノキアを使う」と北欧2社を採用したと明言している。

ソフトバンクは投資や買収のために、積極的に借り入れを行ってきた。万が一、ウィーカンパニーをはじめとする投資先企業の成長やビジネスモデルへの懸念が高まれば、ソフトバンクの業績や財務内容にも影響がある。その場合、ソフトバンクに融資を行ってきた国内の大手銀行などでも、業績懸念が高まるとしている。
[ 2019年12月13日 08:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp