韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮はICBMを射つのか!?…CIAが水面下で陽動作戦

北朝鮮はICBMを射つのか!?…CIAが水面下で陽動作戦

北朝鮮が「非常に重大な実験」を行ったと発表するなど、米国との交渉期限を年末に設定するなかで、米国などへの牽制(けんせい)を続けている。再び大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験など強硬手段に踏み切れば、日本への影響も大きい。

米朝首脳会談は膠着(こうちゃく)状態だ。初の会談は2018年6月にシンガポールで、2回目は19年2月にベトナムのハノイで開かれた。ハノイでは協議が決裂した。6月には両首脳が板門店で面会したが、米朝両国とも首脳会談ではないとしている。 その後、年内の首脳会談を模索していたが、実務者協議で難航している。米国は、柔軟姿勢を示すためにボルトン大統領補佐官を9月に解任し、10月に北朝鮮との実務者協議をストックホルムで行ったが決裂した。その後、北朝鮮は一方的に交渉期限を年内に設定した。

北朝鮮は北西部・東倉里(トンチャンリ)にある「西海(ソヘ)衛星発射場」で「非常に重大な実験が行われた」と8日、発表した。ICBMに使われるエンジン燃焼実験とみられている。これは、北朝鮮から米国への催促である。「年末」という期限の設定が本気であることを示すために「重大な実験」を行ったのだろう。次には、人工衛星と称しつつICBMの発射をほのめかしている。

スポンサードリンク
(中略) 北朝鮮はICBM発射に突っ走るのか、それともトップ級が会って仕切り直し、期限先延ばしを行うことも考えられる。あるいは米中央情報局(CIA)などが水面下で陽動作戦を行い、北朝鮮もサイバー攻撃を仕掛けるなど、表面上は軍事オプションに見えないまま水面下で攻撃するという可能性も出てくる。いろいろな展開が考えられるので、今のところ、米朝関係の先行きについて予測は難しい。 日本としては、警戒態勢を取りながら、米国との連携をとるしかない。
http://www.zakzak.co.jp/

2014-02-18-kim-j-1.jpg

今の北朝鮮は自国防衛に必至な状態だ。一方韓国は孤立を防ぐために北に寄り添う姿勢を見せるが、金正恩はどこまで韓国の支援を受けるかは未定な部分が多い。米朝関係はそれだけ緊迫しているという事だ。相手は大統領選挙を政治利用しているトランプ大統領である。アジア外交を放り出したまま、日本は危険にさらされたままである。と言うよりより危険が強まっている。挙句に暴走韓国のおかげで、北朝鮮に加担すれば、韓国は完全に敵国として、日本を攻撃すると脅し掛ける可能性もある。

金正恩はそこまで日本を脅さないだろう。米国に国を崩壊させられたら終わりである。韓国よりも慎重な動きをとるだろう。韓国を利用する北朝鮮と、北朝鮮を利用したい韓国とで微妙な温度差のまま進んでいる。ウソつき文氏と、輪をかけた金正恩のだまし合いは見ものだが、ここにきて日本への影響は無視できない。
[ 2019年12月13日 09:13 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク