韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日韓の貿易摩擦、両国経済だけでなく世界に影響

日韓の貿易摩擦、両国経済だけでなく世界に影響

2019年12月11日、中国商務新聞網は、日本と韓国による貿易摩擦が両国の経済の足を引っ張り、さらには地域や世界のサプライチェーンにも悪影響を及ぼしていると報じた。 記事は、日本の財務省が発表したデータで、今年10月の日本の輸出額が前年同期比9.2%減となり、11カ月連続で前年同期比減となったほか、日韓の貿易摩擦による影響で、同月の対韓輸出が同23.1%減、対韓輸入額も同12%と大きく落ち込んだことが明らかになったと紹介。韓国も10月の対日輸出額が同13.8%減となったことを伝えた。

中国商務部研究院世界経済研究所の陸燕(ルー・イエン)副所長は、「両国の貿易関係悪化が両国間の貿易と観光業に広範な影響を与え、互いの経済の足を明らかに引っ張った」と解説。「韓国は半導体関連の主要産業が大きな打撃を受け、経済成長力の低下を招いたとする一方、韓国国内の対日製品ボイコットにより日本の自動車、家電、化粧品、電子産業、食品が影響を受けたほか、日本の観光業も大打撃を被った」としている。

陸氏はさらに、「日韓両国は東アジアで大きな影響力を持つ国同士であり、地域の生産ネットワーク、さらには世界のサプライチェーンにおいて重要なセクションを担っているため、両国の貿易摩擦は地域と世界の経済にもネガティブな影響をもたらしている」との見方を示した。

スポンサードリンク
その上で、「日本と韓国が安定した経済、貿易関係を維持し、直面している問題を適切に処理することが、両国と地域の政治、経済情勢にとって前向きな意味を持つ」とした。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-12-12-k002.jpg

日本とは、韓国以外は変わらない貿易となる。従って他国に影響が出ることは無い。日本経済低下が及ぼす問題は大きいが、日韓貿易とは別次元となる。むしろ韓国がらみの東アジア方面においての問題のほうが大きいのではないか。また韓国国内の対日製品ボイコットにより日本の自動車、家電、化粧品、電子産業、食品が影響を受けたほか、日本の観光業も大打撃を被った」と言うが、ボイコットしなくても次第に低下するのが訪日韓国人となる。

今年500万人近い日韓往来数となる韓国人はまだ異常値である。いずれ本来の200万人前後に落ち着くだろう。むしろ仕事が見つからないでの訪日と、今だ大都市部での物価上昇で、日本で商品購入したほうが安いわけで、隠れ訪日韓国人は多いはず。また日本は訪日外国人数では韓国人減少分をすでに補っている。ただ世界経済低迷の余波で、予定通りとはいかないようだ。来年の東京オリンピックまでにインフラを終え、日本で開催されるオリンピックに期待したい。
[ 2019年12月14日 08:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp