韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓日首脳会談まであと1週間なのに…議題調整する外相会談見送りの危機

韓日首脳会談まであと1週間なのに…議題調整する外相会談見送りの危機

韓日首脳会談が23-24日に開かれると言われている中、それに先立つ15-16日にスペインで開かれる予定だった韓日外相会談が見送られると伝えられた。予備会談の性格が強い外相会談が首脳会談まであと約1週間という時点で突然中止される異例の状況になったものだ。

日本の安倍晋三首相は13日、東京で行われた講演で、「クリスマスイブ(24日)に(中国の)成都で日中韓首脳会議に出席し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも日韓首脳会談をする予定だ」と述べた。青瓦台と韓国外交部は今も韓日首脳会談の日程について「まだ確定していない」としていたが、安倍首相は会談開催を既成事実化したものだ。しかし、韓国政府は15日、安倍首相の言及があったのにもかかわらず、「韓日首脳会談はまだ調整中だ」と言った。安倍首相は確定してもいない状態で、首脳会談日程に一方的に言及するのは外交的に礼を欠くという声もある。

こうした中、日本の公共放送NHKは15日、日本の当局者の話として、「ASEM=アジア・ヨーロッパ外相会合に出席するため、スペインのマドリードを訪れている茂木外務大臣は、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談することを検討していたが、日程の調整がつかず、会談は見送られることになった」と報道した。

スポンサードリンク
韓国外交部はこの日まで「会談を開催するかどうかまだ分からない」と言っていた。日本側の報道が出ると、韓国外交部は「両長官は会う意志はあったが、日程の調整が難しく、会談は見送られる可能性が高い」と述べた。だが、外交関係者の間では、茂木外相が康京和長官を「お飾り」とさげすむ発言をしたことが会談中止に影響を及ぼしたのではないかという指摘が出ている。
http://www.chosunonline.com/

2019-12-04-k002.jpg

茂木外相が康京和長官を「お飾り」とさげすむ発言をしたことが会談中止に影響を及ぼしたのではないかという指摘があるが、日韓両首脳会談の重要性を高く評価していれば、どんなことがあっても、茂木外務大臣は、韓国の康京和外相との前段階会談は実施するだろう。康京和長官と茂木外相がASEM期間中の最終現場調整で「略式会談」を持つ可能性は残っているというが、略式会談では実施しても無駄。と考えれば(中国の)成都で日中韓首脳会議に出席後、日韓首脳会談を実施するという可能性は難しい。

と言うか安倍首相は韓国首脳と話す必要はない。むしろ日中首脳会談での内容重視につとめててほしいものであるが。
[ 2019年12月16日 09:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp