韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本政府「韓国リスクなくす」…観光客呼び込みに4億円

日本政府「韓国リスクなくす」…観光客呼び込みに4億円

日本政府が外国人観光客の誘致において「韓国リスクをなくす」という方向を明確にした。読売新聞は15日、「(日本)政府は、日韓関係の悪化で韓国からの観光客が急減している観光業の支援に乗り出す」と伝えた。続いて「観光客のほとんどを韓国人が占めていた長崎県対馬市を念頭に、韓国以外から観光客を呼び込むため、旅行商品の開発や多言語への対応を推し進めたい考え」と伝えた。

同紙によると、「特定国・地域に観光客を依存する地域」に対する支援は2通りの方法で行われる。まず、国土交通省は外国の旅行会社を日本に招き、観光資源の発掘や開発を進め、旅行商品を企画する事業を始める。このため日本政府は、最近国会を通過した今年度補正予算案に1億8000万円を盛り込んだ。 一方、内閣府は日本人国内観光客の誘致を支援する。旅行商品開発の外に、クーポン発行や宿泊費割引などを通した旅行費用の一部補助に向けた費用を地方自治体に支援するが、今回の補正予算案には2億5000万円が計上された。

韓国人が減少した空白を、他国の観光客や日本人国内観光客で補い、韓国に依存する西日本地域の観光構造を改善して、リスクを分散させる狙いがあると同紙は分析した。実際、人口約3万人の対馬の場合、2018年約41万人だった韓国人観光客数が、韓日関係悪化の影響で今年8~11月には8~9割減に落ち込んだ。

スポンサードリンク
これまで韓国人観光客の急減で日本の地方自治体と観光業界が苦しんでいても、日本政府は「韓国に依存する観光構造自体が問題」と叱責して地方自治体に観光客誘致多角化を求めてきた。このため、対馬が日本の国内旅行客を対象に宿泊料を3000円割引するクーポンを発行しているほか、北海道や鹿児島県が中国・台湾人観光客の誘致に地方自治体予算に投じてきた。 今回の日本政府の予算投入は、これまで地方自治体レベルで行われてきた日本観光業界の「脱韓国」の取り組みに政府レベルの支援が始まったという意味がある。
https://japanese.joins.com/

2019-12-16-k002.jpg

日本と韓国の国境に位置する日本海の離島、対馬。九州や本州よりも韓国の方が近い事情もあり、昨年は約41万人もの韓国人客が押し寄せたが、今年9月は前年比で9割以上も激減し、島の観光産業は大きなダメージを受けている。そんな状態に重い腰の日本政府が支援に動き出したという意味だ。対馬と九州本土は130キロ以上離れているが、釜山までは約50キロ程度でしかない。

韓国人による土地買収など、韓国人観光客一色の対馬であったが、日本政府は韓国を当てにしない対応で動くという事だ。一部自治体は韓国と友好的に動くという見方もあったが、日本政府は韓国排除であるから、政府の動きのほうが重要となる。
[ 2019年12月16日 09:18 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp