韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  シャオミはなぜ日本に進出したのか

シャオミはなぜ日本に進出したのか

2019年12月16日、日本の華字紙・中文導報はこのほど、中国スマートフォン・スマート家電大手のシャオミ(Xiaomi、小米科技)の日本市場参入について分析する記事を掲載した。 記事はまず、シャオミが9日、東京・台場のグランドニッコー東京で、日本向けの新製品発表会を開催すると、会場は多くの報道陣でごった返したと報じた。

その上で、シャオミが日本上陸第一弾製品の一つとして、1億800万画素カメラを搭載しながら、価格を抑えたAndroidスマートフォン「Mi Note 10」「Mi Note 10 Pro」を発表したことを取り上げた。Mi Note 10は、メインメモリ6GB、内蔵ストレージ128GBで価格は税別5万2800円。Mi Note 10 Proは、メインメモリ8GB、内蔵ストレージ256GBで価格は税別6万4800円。

記事は、シャオミがこのタイミングで日本のスマホ市場に参入する理由について、10月から通信料金と端末代金を分離する施策が始まったことで端末の高額化が進み、低価格を強みとする中国メーカーがシェアを伸ばしやすくなるとの見方があることや、5Gの商用化で買い替え需要が見込まれることなどを挙げ、「90カ国以上のスマホ市場に参入し、42カ国のマーケットで上位5位に入り、スマホの販売台数シェアで世界第4位へと急成長を遂げたシャオミにとって、アジア第3のスマホ市場である日本を放っておくことはできなかった」と分析した。

スポンサードリンク
記事はまた、シャオミが、日本上陸第一弾製品としてIH炊飯器も投入することを紹介。同社に招聘されて炊飯器開発に取り組んできた三洋電機出身の日本人技術者、内藤毅氏が2016年に話していた「より良い炊飯器を作って日本にも売りたい」が実現するとも伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-12-17-k001.jpg

日本への進出は、日本のキャリア販売における補助金の変化と言う見方が多数を占める、5Gの時代を迎え、チャレンジする機会ができた事がきっかけになり、端末購入補助に関して、キャリア回線に紐付いた端末割引が上限2万円に制限されたことも理由にある。特にハイエンド端末の販売に大きな影響をもたらすとしている。同社スマートフォンにはMi Fansと呼ばれるコアユーザーがおり、世界に18のコミュニティもあり、日本市場のMi Fansから情報収集しているという。

またシャオミは、スマートフォンに限らず、活動量計やイヤホン、テレビ、スマート家電に至るまで、グローバルでは幅広い製品展開を行っていますが、日本でのスマホ以外の展開は「計画中」としている。

関連記事

[ 2019年12月17日 08:15 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp