韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  徴用被害者への寄付金支給案 韓国で賛成53%=反対は42%

徴用被害者への寄付金支給案 韓国で賛成53%=反対は42%

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題の解決策として発表したいわゆる「1プラス1プラスアルファ」法案を巡り、韓国の世論調査で賛成意見が反対意見を上回ったことが、17日分かった。文議長は一両日中に法案の発議を行う予定で、国会での審議が本格化すると予想される。
 
国会議長室が世論調査会社の韓国リサーチに依頼し、11~13日に全国の成人1000人を対象に行った調査の結果、韓日両国の企業と国民が自発的に募った寄付金で「記憶・和解・未来財団」を設立し、慰謝料の財源とする法案に賛成と答えた回答者は53.5%と集計された。反対は42.1%だった。

財団が設立されれば寄付に応じる意向があるかとの質問には、54.3%が「意向がある」と答え、「意向がない」は42.0%だった。 高齢化が進む存命の被害者に先に慰謝料を支払う方策については、「時間がかかっても日本が先に謝罪するべきだ」との回答が53.1%で過半数を占めた。「金銭的支援を通じた実質的補償を速やかに行うべきだ」との回答は44.2%だった。

スポンサードリンク
望ましい日本の謝罪方法については「責任ある日本の指導者の真摯(しんし)な謝罪」が87.0%と圧倒的だった。「金銭を支払う形(での謝罪)」は11.4%にとどまった。 韓国大法院(最高裁)が強制徴用被害者への賠償を日本企業に命じた判決を受け、日本企業が賠償金を支払うかどうかについては「支払わないだろう」(82.3%)とする見通しが大半を占めた。「支払うだろう」は14.0%だった。
http://www.chosunonline.com/

2019-12-17-k007.jpg

無条件降伏した韓国に、日本政府は無償3億ドル、有償2億ドルの計5億ドル(当時のレートで約1800億円)もの援助を行い、インフラまで実施したわけで、今の強制徴用問題はあくまでも韓国内の問題。韓国が対応すれば良い事。日本には関係が無い。日本の過去のよからぬ政治家連中が謝罪しているだろう。

強制徴用というが、日本人でさえ同じように働いているわけで、しかも働いた分の謝礼は出している。戦時中の話である。すべて同じようにとはゆかないまでも、戦争していない韓国に対して、当時の国家予算を比較すれば、十分すぎる援助金である。

関連記事

[ 2019年12月17日 18:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp