韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  11月に日本を訪問した韓国人65.1%減少

11月に日本を訪問した韓国人65.1%減少

昨年11月に比べて今年11月に日本を訪問した韓国人は65.1%減った。日本政府観光局(JNTO)が18日に発表した外国人旅行者の統計結果だ。65.1%に達する下落幅は2011年3月の東日本大震災以降で集計された訪日韓国人減少(-66.4%)に迫る水準だ。

日本政府が7月初めに韓国を狙った輸出規制管理強化措置を断行した後、韓国で起こった日本不買運動の余波だ。訪日した韓国人の数は7月の輸出規制措置直後に下落した。7月には-7.6%の減少を示した後、8月-48.0%、9月-58.1%、10月-65.5%と減少幅は次第に大きくなっていった。今回の11月の減少幅は前月に比べると小幅だが、東日本大震災以降、歴代3位水準で依然として高い。

今年に入って先月まで訪日した韓国人は計533万6600人と集計されたが、これは昨年1~11月と比較して22.2%減った数値だ。昨年訪日した韓国人の数が3119万人を記録して初めて3000万人を突破したことを考えると隔世の感だ。

スポンサードリンク
JNTOによると、先月日本を訪れた外国人では中国人が75万900人で最大で、次いで台湾が39万2100人で後に続いた。昨年までは訪日観光客2位は韓国が占めていた。
https://japanese.joins.com/

2015-03-06-wa.jpg

従来の日韓往来数でいえば韓国は年間200万人前後、今年533万人を超えているという事自体が、日本旅行ボイコット運動まで実施している割には多い値とみる。今年は500万人に迫るが、500万人は超えないとみていた。ところがすでに500万人超えである。昨年の700万人は異常だが、今年もこの異常ぶりは続いていることになる。

そもそも韓国が日本に年間500万人訪れるというのは、失業率の高さから職を求めての訪日が多い。いくら日本旅行ボイコットとはいえ、自国航空会社の低迷もあり、結局は盛り返している。韓国内で旅行するよりも訪日したほうが安いのでは、来年も500万人程度は訪れるだろう。
[ 2019年12月19日 08:57 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp