韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  世界の将来を賭け…中国と米中心諸国の戦い インド太平洋圏で“覇権”握るのはどちらか

世界の将来を賭け…中国と米中心諸国の戦い インド太平洋圏で“覇権”握るのはどちらか

いま、世界の将来を賭けて、中国と、米国を中心とする海洋同盟諸国が「インド太平洋圏の争奪戦」を繰り広げている。一体どちらに勝ち目があるのだろうか? 日本はその最前線にある。 ドナルド・トランプ米政権は、ハイテクノロジーの供給を絶つことによって、中国を締めあげようとしている。

米国は1991年に、ソ連を解体に追い込んで、ノックアウトした。これは、ソ連への先端技術を遮断したココム(対共産圏輸出統制委員会)によるものだった。 トランプ政権にとって、米中関税貿易戦争は入り口でしかない。米国の中国による南シナ海の7つの人工島や、ヨーロッパまで至る巨大経済圏構想「一帯一路」戦略に対するカウンターブロー(=ボクシングで、相手が攻撃のために前へ出たときに、こちらから打撃を加えること)も、軍拡競争も、決定打とはならない。先端技術こそ、勝敗の鍵を握っている。

中国の習近平国家主席は北京の天安門広場や、モンゴルの草原で大軍事パレードを閲兵して、自己満足に浸っている。兵士や、戦車や、ミサイルは、作り物の京劇の舞台装置のようだ。 習氏に、まったく勝ち目がない。中国経済は米国に寄生してきた。習氏が「米国が超大国として力を衰えさせた」と誤算したのは、大失策だった。威勢よく「5000年の偉大な中華文明の復興」「中国の夢」を呼号していたのに、ドル収入が筋力となっていたから、足腰がふらつくようになった。

スポンサードリンク
習氏は巨額を投じて、本格的な外洋海軍の建設を強行してきた。中国初の国産空母が11月、試験航行として台湾海峡を抜けた。最初の空母は、ロシア(旧ソ連)が廃棄した空母をスクラップと偽って購入したもので2隻保有する。金繰りが苦しくなったため、国産建造計画が延期されたとの報道もある。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-12-19-k006.jpg

「自由で開かれたインド太平洋戦略」は、国際政治・経済、文化交流、国境を越えた民生協力、地域・国際社会における安全保障協力を含む包括的なものと理解すべき。インド太平洋は、南北アメリカの西岸からアジアを経てアフリカの東岸に至る広大な地域を指す。太平洋や南シナ海、インド洋など重要なシーレーン(海上交通路)が含まれる。

安倍首相は東アジア首脳会議(EAS)で、2016年から提唱してきた「自由で開かれたインド太平洋」の重要性を強調した。国際法に基づく航行の自由を確保し、自由貿易を通じて域内の経済成長を目指すとした。 中国の南シナ海の軍事化や巨額融資を通じた経済圏構想「一帯一路」を牽制する狙いがある。問題なのは、日本の構想に同調している米国が、地域での存在感を低下させている事だ。トランプ大統領は就任以来、3年連続でEASを欠席している。

米国は、安全保障面では中国を抑止する観点からアジアへの関与を維持しているが、通商面では自国の利益を優先し、多国間協議に背を向けている。中国が米国の不在を突く形で影響力を拡大しつつある現実を、米国は認識すべき。

関連記事

[ 2019年12月19日 12:16 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp