韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国・文政権“経済災害”で失業青年らが悲憤! サムスンのナンバー2に実刑判決

韓国・文政権“経済災害”で失業青年らが悲憤! サムスンのナンバー2に実刑判決

やることなすことうまくいかない韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権。青年失業者数は先進国で減少しているのに、韓国では増加しており、ネットの掲示板やSNSでは、文政権が引き起こした「災害」だと怒りが噴出している。人気取りの常套(じょうとう)手段である「反日」も裏目に出て打開策が見当たらないなかで、同国最大企業のサムスン電子の「ナンバー2」に実刑判決が下った。韓国経済はますます混迷が深まりそうだ。

「青年失業支援金もない(中略)私の就職、政府も助けてくれない」 ツイッターでは、こうした嘆きが聞かれる。 韓国統計庁によると、10月の就業者数は、前年同月比1・5ポイント増の2750万9000人だった。だが、中央日報(日本語版)は、このうち99・5%が60歳以上で、「高齢層の就業者だけが急増するゆがんだ姿」と論評した。しかも短時間で低賃金な労働である「『超短期高齢者雇用』が効果を出したためとみられている」と分析した。30~40代は慢性的に就業者が少ないとの統計もあるという。

韓国の経済団体「全国経済人連合会」傘下の韓国経済研究院は、2008~18年の10年間で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の青年(15~29歳)の雇用指標が28・3%減となっているのに対し、韓国は13・9%増だったと明らかにした。若者や働き盛りの世代の失業率は深刻さを極めている。

スポンサードリンク
朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は、韓国の就職事情や企業風土をこう語る。 「学歴社会の韓国では、大学に入るまでにかかる教育費も高く、就職先も“元をとれそうな企業”を見つけるまで探したりする。企業に入社した後も社内競争が激しい。『38度線』になぞらえた『38線』という言葉があり、30~40代になると、課長になる同期も現れてくるため、メンツを考え退社や独立するケースも少なくない。ただ、再就職しようにも、会社側は採用もしづらい」
http://www.zakzak.co.jp/

2019-12-08-k001.jpg

最低賃金のみならず、低迷する企業には公的資金を投入し、雇用維持に手段を選ばない。造船業などは赤字受注でも、受注優先で、受注が増加したと自国メディアまでも大喜びだが、ふたを開ければ企業低迷対応策は、単に税金による補てんの繰り返しでしかない。当然長続きするはずもないわけで、税金は底なしではない。

失業率を良く見せるために政府傘下企業で雇用を増やし、給料は税金から支払われ、それでも雇用が増加したと胸を張る異常さだ。失業率のみならずデタラメな経済政策では、国を悪くするだけとなる。結局職を求めて日本に来るわけで、文政権も限界点にきている。

関連記事

[ 2019年12月19日 18:38 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp