韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人は何にお金を使っているか、ペットと化粧品が急増

中国人は何にお金を使っているか、ペットと化粧品が急増

京東数字科技集団(JDD)が17日に発表した「京東ビッグデータに基づく中国消費市場研究報告」によると、消費品目の大部分が2019年1-10月の消費増加率が18年を上回り、中でもペットのいる暮らしとメイクアップ・スキンケアに関する消費の増加率が最高だった。中国新聞網が伝えた。

この報告は京東のビッグデータに基づき、16年から19年にかけての全国および各規模の都市の消費構造を分析したものだ。同報告は京東プラットフォームが扱う商品を必需品消費財(家電、食品・飲料品、ベビー・マタニティー用品など7種類)と非必需品消費財(携帯電話・通信、旅行・移動など13種類)の2大項目に分類した。同報告によると、消費財の大半は19年1-10月の消費増加率が18年を上回り、下回ったのは食品・飲料品、ローカルな暮らし/移動・旅行、文化・娯楽だけだった。

個別にみると、19年にはペットのいる暮らしとメイクアップ・スキンケアの増加率がともに50%を上回り、家具・インテリア・日用品、書籍、ベビー・マタニティー、医薬・保健、服飾品・アンダーウェアなどは増加率20-40%で、いずれも18年を上回った。 一方で文化・娯楽、ローカルな暮らし/移動・旅行は経済下ぶれ圧力の影響を大きく受けた。このうち文化・娯楽は10%のマイナス成長、ローカルな暮らし/移動・旅行は14%のマイナス成長だった。自動車用品、スーツケース・皮革製品、靴は19年にマイナス成長からプラス成長に転じ、増加率は0-20%だった。

スポンサードリンク
同報告書は、「県エリア地域の消費は注目に値し、19年は非常に好調だった。規模が小さい都市の消費額が規模が大きい都市の増加率を上回り、四線都市と五線都市の消費額の増加率がそれより規模の大きい都市を抜いてトップに立った。京東プラットフォームにおける県エリア地域の消費額はずっとプラットフォーム全体の消費額を上回るスピードで増加し、19年には両者のスピードの開きが徐々に拡大した」と指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-12-21-k003.jpg

訪日中国人が日本滞在中に購入する品目の中で最も多くの人に購入されているのは化粧品。また、日本滞在中に限らず、帰国後の越境ECでの購入率も化粧品が1位となっている。顔のスキンケア、UV対策、ヘアケア・頭皮ケア、保湿・加湿、ボディのスキンケア、などで、特に顔のスキンケアとUV対策については意識している人は多い。中国人女性にとっては顔の美白が美容に関する最大の関心事でもある。中国人女性の美容に対する意識は年代による違いが大きく、ミレニアル世代以降(20代~30代)は比較的“外見の美”を、ミレニアル世代以前(40代以上)は比較的“内面の美”を重視しやすい様子がうかがえる。

これは中国国内でも同様だ。日本の化粧品は中国でも人気が高まり、韓国化粧品は影を潜めている。化粧品に対する支出金額には30代半ばを境に大きな差が見られる。35歳未満では1か月あたり1,000元以上使っている人が6割を超える一方、35以上では半数程度に留まっており、若い世代が化粧品により多くのお金を使っている。“外見の美”に対する意識の強さが、化粧品に対する支出金額にも表れている様子がうかがえる。中国人女性に対して“美”をテーマにしたマーケティングを行う際には、年代による大きな違いを考慮する必要がある。
[ 2019年12月21日 09:08 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp