韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日系車が売れる理由、「確かなクチコミにより築かれた確固たる評価」があるから

日系車が売れる理由、「確かなクチコミにより築かれた確固たる評価」があるから

中国ネット上では「日系車のボディーの鋼板は薄い」というデマを目にする機会はいまだに多いが、中国自動車市場の2019年1-11月における累計シェアにおいて日系車は前年同期比プラス3%となった。ドイツ系はプラス0.7%となったものの、中国車、韓国車、米国車、フランス車はすべてマイナスという結果だった。

19年1-11月の中国市場全体の累計販売台数が前年同期比9.1%減という状況のなか、日系車だけは非常に好調であることがわかるが、中国メディアの今日頭条は16日、「日系車はボディーが薄いと噂されているのに、なぜこんなに売れているのか」と題する記事を掲載した。 記事は、消費者は「ぶつけるため」に車を買うのではないとし、もしぶつけるのが目的であれば鋼板のぶ厚い戦車を買うべきだと説明。自動車を買うのは快適に移動するためであると指摘し、鋼板が薄いという噂に振り回されるのは意味がないとした。

続けて、中国の実情として「ガソリン価格が高いため、燃費の悪い車は歓迎されない」と説明する一方、燃費の良さが売りの日系車はまさに中国人消費者のニーズに合致した車であるとし、日系車の売れ行きが良いのは至極当然だと論じた。
http://news.searchina.net/

スポンサードリンク
中国経済の落ち込みで自動車の買い控えが続いているためで、多くの自動車メーカーが売り上げを落としている。しかし、そんな厳しい中国の自動車市場において、日系車は堅調に売り上げを伸ばしている。2018年の中国における自動車販売は全体的に落ち込みを見せたが、トヨタ、日産、ホンダの三大日系車はいずれもプラス成長になった。

2019-12-22-k001.jpg

今年に入ってから中国自動車市場は昨年以上の厳しい状況が続いているが、それでも三大日系車は健闘しており、売り上げを伸ばしている。購入者の中にはその車種が好きでこだわりを持って購入する人がいる一方で、大多数は他人の意見を聞いて車種を決めるとしている。この点、日系車の評価は全体的に高いため、日系車に人気がますます集まっている。さらに、「品質の良さ」も人気の理由もある。自動車の購入は「決して安い買い物ではなく」消費者も慎重になるもので、この点、故障が少ない日系車は、その質の高さが好まれている。

中国自動車工業協会が発表した統計によると、日系車の販売総額シェアは昨年上半期19.9%だったが、今年上半期は22.7%と2.8ポイント上昇した。これはドイツ車のシェアを大きく超える。この自動車業界逆境時代で、日系車人気がこれほどにも根強い理由とは何か。注目すべきは、東風日産はじめ、日系合資自動車企業の安定した経営体力だ。良い車を一台造ることは決して難しくはない。難しいのはより多種多様な良い車を造り、よく売り、企業のブランド価値を向上させることだが、それには時間、コスト、人材、その他さまざまなものが必要だ。企業の技術力だけでなく、研究開発、製造、営業、サービス、管理などの企業に内在するシステマチックな実力が磨きあげていくものであるから、この企業システムこそが日系車の競争力を支えていると言える。

関連記事

[ 2019年12月22日 08:17 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp