韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相「国と国の約束を守れ」 事前にトランプ大統領と“すり合わせ”も

安倍首相「国と国の約束を守れ」 事前にトランプ大統領と“すり合わせ”も

安倍晋三首相は24日、中国四川省成都で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と約1年3カ月ぶりに首脳会談を行う。両国間には、いわゆる「元徴用工」の異常判決や、半導体材料の輸出管理厳格化、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)など、数多くの懸案が山積している。安倍首相は徴用工問題で「国と国の約束を守れ」と強く迫る考えで、夕刊フジの独占インタビューでも、その根幹となる「外交信念」を明かした。ドナルド・トランプ米大統領とも、対韓認識はほぼ一致している。ただ、朝鮮半島情勢が緊迫するなか、「反日・離米・従北・親中」の文氏に響くかは不透明だ。

「トランプ大統領とは、最新の北朝鮮の情勢について分析し、今後の対応について、綿密なすり合わせを行った」 安倍首相は21日夜、トランプ氏と約75分間の電話首脳会談を行った後、公邸で記者団にこう説明した。 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮が、クリスマスに合わせた大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験再開をチラつかせており、最新情勢などについて意見交換したのだ。 安倍首相はさらに、23日から訪中し、中国の習近平国家主席との首脳会談や、日中韓3カ国首脳によるサミットを開催することを説明し、「この地域の平和と安定に向けて、中国、韓国ともしっかりと連携したい」と、トランプ氏に語ったという。

スポンサードリンク
(中略) 今回の日韓首脳会談は、韓国がGSOMIA破棄を土壇場で撤回し、「最低限の信頼関係」(外務省幹部)が維持されたことから調整された。ただ、日本が譲歩する必要はまったくない。 安倍首相のインタビュー発言は「韓国は1965年の日韓請求権協定を守れ」「ゴールポストは1ミリも動かさない」という決意表明といえる。注目したい。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-12-21-k002.jpg

日韓首脳会談と言うが、話すことは何もないはず。日韓貿易規制は韓国の不正輸出防止策。日韓貿易で実績を積み上げてからの話となる。「元徴用工」の異常判決は、日韓請求権協定で解決済みと言う立場である。条約を守れで終わりだろう。韓国側の問題を日本に反日として異常なまでの行動をとる韓国の文大統領と首脳会談を実施するには無理が多すぎる。

今の韓国政府は、不正輸出を止められれば、政府負債の補てんは無くなるわけで、非常に厳しい立場に追いやられるのは事実。だが、一度ウソを語れば、またウソで上塗りするだけとなる。今の韓国には信用も無ければ、国家としての仕組みが成り立たない。それどころか従北である。日本の立場としての正論は記事の通り。現実は今後も韓国は信用できないという事。安倍首相は日韓往来数の要求程度しか話すことが無いという意味として受け止めたほうが良い。

関連記事

[ 2019年12月23日 17:44 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp