韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「しばらくの間寂しい思いをしても離れられない関係」、習主席は米国の中距離ミサイル配備問題に不満表明

文大統領「しばらくの間寂しい思いをしても離れられない関係」、習主席は米国の中距離ミサイル配備問題に不満表明

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、中国・北京で中国の習近平国家主席と首脳会談を行い、北朝鮮問題や終末高高度防衛ミサイル(THAAD)および米国の中距離ミサイル配備問題などを話し合った。文在寅大統領は習近平主席に訪韓を要請したが、習主席はTHAADと米国の中距離ミサイル配備を問題視し、自身の訪韓と結びつけたとのことだ。

文在寅大統領は会談で、「来年の遠くない時期に習近平主席にソウルで再びお会いできるよう期待している」と述べた。これに対して習近平主席は「前向きに検討する」と答えたが、訪韓が確定なのかどうか、確定なら具体的な時期はいつなのか、語らなかった。習近平主席は文在寅大統領就任以降、韓国を訪れたことがない。

文在寅大統領はTHAAD問題に関しては、「しばらくお互いに寂しい思いをするかもしれないが、両国の関係は決して遠ざかることのできない悠久の歴史と文化を持っている」として、限韓令(韓流禁止令)の解除を要請した。しかし、習近平主席は「(THAAD問題が)妥当に解決されることを願う」と述べるにとどまった。

スポンサードリンク
文在寅大統領は北朝鮮問題については「北・米(米朝)対話が中断され、韓半島の緊張が高まっている最近の状況は、我々両国はもちろん、北朝鮮にとっても決して得になる状況ではない」と言った。習近平主席は「中韓は朝米が対話のモメンタムを続けていくよう力を合わせるべきだ」「両国は対話と交渉を通じた問題解決を主張している」と語った。
http://www.chosunonline.com/

2019-12-24-k007.jpg

中国の習近平国家主席と韓国の文在寅大統領は23日、北京の人民大会堂で約1時間会談した。習氏は在韓米軍のミサイル配備を巡って適切な対応を求めた。中韓関係は長期間冷え込んでいる。米中の貿易対立も背景に、中国は融和とけん制を使い分ける姿勢で韓国に接する構えだ。韓国側の説明によると、会談で文氏は「来年の早い時期にソウルで再びお会いできることを期待している」と習氏に訪韓を要請。習氏は「積極的に検討する」と応じた。

THAADを巡る対立は解けていない。習氏は会談で文氏に「妥当に解決してほしい」と要請した。韓国は17年10月に打ち出した「3不」原則を基本方針としている。(1)追加配備をしない(2)米国のミサイル防衛(MD)システムには参加しない(3)日米韓安保協力は軍事同盟に発展しないとする内容で、文氏は「韓国政府の立場は変わらない」と答えている。またトランプ大統領の怒りを買いそうだが。

関連記事

[ 2019年12月24日 08:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp