韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  安倍首相が「徴用工判決解決」迫るも…文大統領は「解決策」示さず 日韓首脳会談

安倍首相が「徴用工判決解決」迫るも…文大統領は「解決策」示さず 日韓首脳会談

安倍晋三首相は24日午後(日本時間同)、中国四川省成都で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。両首脳の正式な会談は1年3カ月ぶりで、いわゆる徴用工訴訟の韓国最高裁判決で日韓関係が決定的に悪化して以降初めて。首相は判決で生じた日韓請求権協定違反の状態を早期に是正するよう強く求めたが、文氏は解決策を示さなかった。

会談は成都市内のホテルで行われ、予定を15分間超え45分間に及んだ。 首相は会談で、日韓関係は「引き続き非常に厳しい状況にある」との認識を示した上で、徴用工訴訟をめぐる昨年10月の韓国最高裁判決が「根本原因」だと指摘した。 首相は、徴用工の問題は日韓関係の法的基盤の根本にかかわると言及し、「韓国が国家として日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作るよう求める。韓国側の責任において解決策を示してほしい」と迫った。韓国内で差し押さえられた日本企業の資産の現金化も避けるよう求めた。

文氏は「問題の解決の重要性については自分としても認識しており、早期に問題解決を図りたい」と述べたが、具体的な解消策や新たな提案は示さなかった。首相は緊張が高まる北朝鮮情勢にも触れ、非核化に向け「引き続き米朝プロセスを最大限後押ししていくことが重要だ」と強調した。国連安保理決議の完全履行を含め「日韓、日米韓が緊密に連携することが重要だ」とも述べ、文氏も同意した。

スポンサードリンク
一方、文氏は会談の冒頭で日本側の対韓輸出管理厳格化を取り上げ、「膝を交えて懸案の解決策を早急に見い出せることを期待している」と語った。首相は、日本側の従来の立場と原則に基づいて対処する考えを示した。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-12-25-k001.jpg

今の韓国に対応策はない。自国企業低迷による税金は投入するが、徴用工の問題や慰安婦問題での税金投入は実施し無い。あくまで文氏を支持する戦争経験者の土台に文氏がいるわけで、彼らの意見でしか動かない。つまり自身の考えはない。支持率第一である。 だが日本を敵視し、北朝鮮との統一ならば、人口が減少する日本に対し対抗できるとみている。はたして何時の時点の話を考えているのかは未定だが、貧困北朝鮮と統一したところで生活レベルは平均化され、北朝鮮国民は生活水準が上昇し、韓国はその逆となる。それで日本に対抗できるはずもない。

むしろ軍備での構想だけとなる。そこには核保有の悪知恵があるわけで、日本には核を持って対応するという考えだ。韓国レベルが核保有など許したら、暴走は止まらないだろう。 無条件降伏したうえに、いつまでも日本を恨んでいる様では国の未来はない。
[ 2019年12月25日 08:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク