韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の第1-3四半期の国内観光客はのべ45億9700万人

中国の第1-3四半期の国内観光客はのべ45億9700万人

文化・観光部が24日に明らかにしたところによると、今年第1-3四半期には中国国内の観光客数が前年同期比8.8%増ののべ45億9700万人に達した。人民日報が伝えた。

同部産業発展司の関係責任者は同日に行われた記者会見で、「2019年には中国の文化・旅行産業の規模が安定して拡大し、国民の消費が日に日に活発になり、オンライン旅行プラットフォーム、生活サービスプラットフォームといった多くの新業態が文化・旅行分野の起業・雇用を力強く牽引し、文化・旅行産業は今や経済成長の重要なエンジンになりつつある。

産業の国際協力の面では、文化・観光部は『一帯一路』(the Belt and Road)における文化・旅行産業国際協力重点プロジェクトを募集・支援しており、これまでに累計85件の重点プロジェクトを支援し、投資総額は約177億元(約2772億円)に上り、実施地域は20カ国・地域近くに及んだ」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2019-12-27-k001.jpg

消え行く韓国よりは、今後の日中に焦点を合わせて、経済と自国安全での交流は不可欠。中国人観光客を引き寄せるためにも、様々なサービスを考案し実施する事である。韓国における中国人観光客は低迷とは言えまだ多い。その分の観光客を日本に呼び込む必要がある。つまり韓国などに行く必要がないように日本は、中国人観光客を呼び込むアイデアだしに能力を発揮する事である。

今の韓国は日本に対して害でしかない。日中首脳会談で、アジアのリーダー国として、世界市場となる中国との関係を良い方向性に持ってゆく事は重要となる。日中が友好的であれば、北朝鮮とて日本をミサイルで狙う確率は減少する可能性は高い。
[ 2019年12月27日 09:04 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp