韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「24時間フル稼働でも不足」 CMOS首位のソニー、追撃するサムスン

「24時間フル稼働でも不足」 CMOS首位のソニー、追撃するサムスン

「あらゆる可能な資源を投入し、生産ラインを増設して休日も昼夜もなく24時間工場を稼働していますが、それでも十分ではありません。顧客からの注文を完全に消化することができず、謝らなければなければならないほどです」 日本のソニーで半導体部門のトップを務める清水照士氏は最近、ブルームバーグ通信とのインタビューでこのように吐露した。ソニーの核心事業の一つであるCMOSイメージセンサーがあまりに好調だからだ。

最近、高級スマートフォンの背面にはカメラが3個あるのが主流となっている。カメラのレンズを通して入ってきた光をデジタル信号に変換し、イメージに作り上げる半導体「イメージセンサー」の需要が急増しているのはそのためだ。さらに、スマホメーカー上位のサムスン電子と華為技術(ファーウェイ)は40メガピクセル以上の高解像度の広角カメラを搭載し、画質を競い合っている。アップルも今年の新製品「iPhone 11 Pro(アイフォーン・イレブン・プロ)」で3眼カメラのスマホに参入した。

アップル、ファーウェイにイメージセンサーを供給していることで知られるソニーが、工場をフル稼働しても注文量をさばききれないのは、このような事情が作用しているわけだ。さらにソニーは日本の長崎県に、2021年上半期の完工を目標にイメージセンサーの生産ラインを増設中だ。完成すればソニーの生産量は現在の月間10万9000個水準から13万8000個まで増加する。

スポンサードリンク
勢いに乗るソニーは現在51%水準のイメージセンサー(CMOS製品基準)の世界シェアを、2025年までに60%に引き上げるとの目標を最近発表した。今年の最終集計がまとまったわけではないが、すでに数ポイント上昇という成果を出していると清水氏は推測した。 ソニーが1位の座を固めに入ると、イメージセンサー市場シェア2位で追撃するサムスン電子も歩みを速め始めた。サムスン電子は2030年までにソニーをかわし、イメージセンサー市場で1位に躍り出るとの抱負を明らかにしている。
http://www.chosunonline.com/

2019-12-27-k002.jpg

ソニーは長崎県諫早市の既存工場内にスマートフォン(スマホ)のカメラなどに使う相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサーの新製造棟を建設する方針を今年6月に固めた。最大で1200億円を投じ、2021年内にも稼働を始める。世界のスマホ市場は減速しているものの、スマホ1台当たりのカメラ搭載数の増加やセンサーの大判化は今後も続くと判断した。IoT(モノのインターネット)の普及を後押しする基幹デバイスの増産体制を整えるとしている。

早ければ19年末に着工して、21年前半からの本格稼働を見込む。ただ、ただし米中貿易摩擦により需要の先行きが不透明なため、増産計画を見直す可能性もある。新棟の生産能力は当初、月産数万枚(300ミリメートルウエハー換算)になるとみられるが、詳細は今後詰めるという。主なイメージセンサー生産拠点は長崎に加えて、熊本県、山形県、大分県の国内4カ所。現状の生産能力は合計で同約10万枚となる。
[ 2019年12月27日 09:14 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp