韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本メディア「孤立脱出が文大統領の成果…安倍首相より意図的に遅く到着か 」

日本メディア「孤立脱出が文大統領の成果…安倍首相より意図的に遅く到着か 」

25日の日本メディアは、前日に行われた韓日首脳会談について「会談が行われたこと自体に意味がある」「しかし道のりは遠い」などと分析した。「日韓は成果よりも、今回の会談を行ったこと自体に意味を見いだそうとしている」(朝日新聞)、「協議を続ける方針は一致したものの、関係悪化の発端である元徴用工問題の解決策は見通せない。正常軌道に戻すまでの道のりはなお遠い」(日本経済新聞)、「関係悪化に一定の歯止めかかった。しかし徴用問題をめぐる隔たりは狭まらなかった」(読売新聞)などだ。

読売新聞は「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄で対日関係の悪化を米韓関係の摩擦にまで拡大させた韓国の立場としては、日韓関係回復のきっかけとしたのが収穫」と伝えた。続いて「文在寅政権は北朝鮮との対話が中断し、日本や米国との連携がこれ以上弱まれば、周辺国から孤立することも考えられた」という見方を示した。文大統領にとって今回の会談は「外交孤立脱出」の機会だったということだ。

テレビ朝日は、文大統領が首脳会談場所に安倍首相より1分遅く到着した場面に注目した。テレビ朝日は「遅れはしたが、日程のためであり大きな意味はない」という韓国政府関係者の説明を伝えながらも、「GSOMIAを延長しながらメディアから『韓国の譲歩が多い。無能だ』と酷評を受けた文大統領としては(今回の会談が)国内にどう映るかも意識した可能性がある」と報じた。

スポンサードリンク
日本政府は公式的に「首脳が直接会って率直に意見を交わし、今後も対話を継続するという意見で一致したのが最も大きな意味」 (岡田直樹官房副長官)と歓迎した。しかし日本メディアでは今回の会談に大きな意味付けをしない政府関係者の発言も紹介されている。毎日新聞は「今回の会談は対話の窓を開いているという日本の姿勢を見せるためのものだった」(外務省幹部)、「現時点では(韓国との関係は)最小限の信頼関係を維持できる程度」(日本政府関係者)という発言を伝えた。
https://japanese.joins.com/

日中韓サミットであるから、韓国と顔を合わせる必要があったわけで無視はできない。一応形を整えたという事だ。条約を守らない国は信用する以前の問題。従って今回日中首脳会談に意味があり、韓国は不必要。一方中国政府にとっても、韓国経済における半導体技術はすでに伝授済みと言うか企業買収で終了している。問題は設備と検査装置の伝授となる。

この部分は日本技術の伝授が無い限りは無理。またここでいう伝授はODAを通じた技術指導を言う。さらに自動車用CPUで先頭を走る日本企業は、今後の大きな柱となる自動車産業の自動運転技術で利用される。日本は使用するセンサーはソニーの独断場であるから、その部品を利用したソフトとCPUを込みで考慮することで、韓国企業を排除出来るだけに重要となる。

さらに東アジアを考慮すれば、日本主導の世界銀行と、中国主導の世界銀行では、すでに中国に日本主導の世界銀が大気汚染対応で融資している。さらなるインフラ工事などでの技術伝授と言う部分では、日本は援助できるだろう。鉄道においても中国が受注しても、日中と言う枠組みで協力すれば、システムは日本などと言うように、分担を分ける事も可能となる。特に新興国家におけるクリーンなインフラ技術は、今後の大きな課題となる。

そして海の安全という事になるが、外交力で日本は尖閣諸島を含めた中国軍と緩和を図りたい。日中が経済協力できれば、軍事面においても無理は出来ない。結果としてシステムを策定し、両国で承認するしかない。 韓国においては信用が無いだけに現段階では不必要。文政権が終わり、次の大統領に期待したいが期待は限りなく薄い。
[ 2019年12月27日 09:44 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
わざと遅れて大物に見せる猿芝居
小物が先に来て大物は後から悠然と登場すると韓国は考えている。
バカだよ !!

[ 2019/12/27 11:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp