韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  2019観光報告「日本からの観光客が最多に、上海が外国人観光客に最も人気の都市」

2019観光報告「日本からの観光客が最多に、上海が外国人観光客に最も人気の都市」

旅行サイトの携程は24日、「2019国民観光消費報告」を発表した。同報告書によると、2019年、中国を旅行先に選んだ外国人はますます増加し、そのうち日本からの観光客が最も多く、ランキングのトップに躍り出た。一方、中国人観光客の海外旅行先では、中東などが若者の間で人気になりつつある。また、多くのテレビドラマ・映画のロケ地も観光客に人気の「聖地」となっている。澎湃新聞が伝えた。

2019年、中国は世界に最も多くの観光客を送り出しただけでなく、海外からも多くの観光客が中国へ旅行に訪れた。上記の報告書のデータによると、2019年に中国を訪れた観光客が最も多かった国・地域のトップ10は順に、日本、オーストラリア、韓国、米国、カナダ、英国、タイ、フィリピン、カンボジア、マレーシアだった。

報告書の分析によると、今年5月の日本国内の「ゴールデンウィーク10連休」の影響で、10万人近い日本人観光客が中国を訪れ、日本は一躍2019年に中国へ最も多くの観光客を送り出した国となった。 2019年に海外から中国を訪れた観光客に人気の都市ランキングでは、上海、北京、広州がトップ3を占め、深セン、成都、杭州などの都市が僅差でそれに次いでいる。このほか、旅行先の都市を選ぶ上で、歴史と文化があり特色を持つ西安や成都などの都市も外国人観光客から人気になりつつある。

スポンサードリンク
特筆すべきは、ますます多くの外国人観光客が中国のカンフーに強い興味を示していることだ。河南省を訪れて少林拳や太極拳を習うことが旅行における重要なコンテンツになっている。

https://www.recordchina.co.jp/

2019-12-24-k005.jpg

中国を訪れる日本人観光客の増加は、昨年から続く日中関係の改善に向けた動きも少なからず影響を与えている。来年以降も日本人による中国旅行が増えるかどうかは、両国が長期的に安定した関係を構築できるかによる。それにしても隣国となる韓国よりも日本人観光客が多いというのも不思議だが。 

海外への旅行では、中東などの地域がますます人気となっている。2019年には、セルビアやウズベキスタン、ジョージア、ベラルーシなどマイナーな目的地への旅行予約数が前年同期比で100%以上増えたという。そして、中国人観光客が最も多く訪れた旅行目的地も日本だったというのが実に友好的に感じる。
[ 2019年12月27日 15:16 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp