韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  中国に「なんちゃって労働者」を大量に送り込む北朝鮮の制裁破り

中国に「なんちゃって労働者」を大量に送り込む北朝鮮の制裁破り

国連安全保障理事会で2017年12月22日に採択された制裁決議2397号は、決議から2年以内に雇用している北朝鮮労働者をすべて本国に送り返すことを義務付けている。 北朝鮮事情に精通した中国のデイリーNK情報筋は、北朝鮮労働者たちは期限を控えて中国政府から何らかの発表があるのではないかと息を潜めて待ってはいるが、20日の時点で何ら話はないので普段どおりに働いていると伝えた。

情報筋は、「国際社会が何を言おうとも、中国さえ耐えてくれれば北朝鮮に帰ることはない」というのが労働者の本音であると伝えた上で、中国とロシアが安保理に制裁の解除を要求する決議案を提出したことを見て希望を持つようになったと明かした。 中国とロシアが16日に安保理に提出したのは、制裁の一部緩和を呼びかけるもので、その中には、海外で働く北朝鮮労働者を22日までに送り返すという規定を無効にすることも盛り込まれている。

また北朝鮮は、中国地方政府の黙認のもとで「派遣しているのは労働者ではない」作戦で、制裁回避にやっきになっている。それについて、中国で北朝鮮労働者を管理する立場にある北朝鮮の幹部が詳しく説明した。 中国は、制裁が採択された直後の2018年上半期から、北朝鮮国民に対する労働ビザの新規発給を行わないようになった。それを受け、北朝鮮は労働者の派遣を減らしたが、同年下半期からは「労働者ではない資格で労働力を派遣する」形を取るようになった。

スポンサードリンク
その方法とは、自国内の工場に所属する労働者がより高い技術を学ぶために、外部の学校や機関で学習するという「技術学習生」、つまり北朝鮮版技能実習制度の悪用だ。また、留学生として派遣して働かせるという方法も取られている。遼寧省の丹東、瀋陽、吉林省の図們、琿春の工場やレストランへ労働力を派遣しているが、中国の地方政府はこれを黙認している。
http://www.zakzak.co.jp/

2013-10-17-kim-1.jpg

中国にとって北朝鮮の労働者は、低賃金であるから重要不可欠なわけで、北朝鮮労働者を陰で受け入れている。当然北朝鮮は外貨稼ぎで、金正恩の懐に金が入る。従って国の貧しさと核開発は少なからずも対応継続できる理由でもある。それ以外にも北朝鮮は女性を派遣しては外貨を稼いでいる。 一方で韓国は不正輸出で北朝鮮に補填しているわけで、北朝鮮からすれば、実にありがたい。また自国工場で製品を製造し輸出しているわけで、想像以上に外貨を稼いでいると考えてよいだろう。

韓国が通貨危機で国の破たんしているのをみつつ、閉鎖的に北朝鮮は凌いできているだけに忍耐力は韓国以上に強いわけで、いざとなればソウルは火の海にできる。がしかし米国の制圧を受けるのは恐ろしい。北朝鮮も韓国も基本的に経済レベルは大きな差があるが、一番の恐ろしさと言うのは国が無くなることであるから、特に韓国は反日で大騒ぎするのも、日本が復権するほどに日本は恐ろしい。なので反日で大騒ぎする。北朝鮮は核開発で、弾道ミサイル発射が可能となったことで、息を吹き返したと言ったところだろう。

だが米国は怖いわけで、米国からすれば、たかが北朝鮮であるから、金正恩は何とか米国制裁を解除できるような外交を実施したいが、米国から身を守るすべが核だけに解決の糸口が見つからないでいる。
[ 2019年12月28日 12:19 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp