韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓国・文大統領に“ドス”を効かせた安倍首相 「韓国政府の責任で解決策を示せ。そちらが態度を変えなければ…」

韓国・文大統領に“ドス”を効かせた安倍首相 「韓国政府の責任で解決策を示せ。そちらが態度を変えなければ…」

中国・成都で開かれた日中韓サミットに合わせて、安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が24日、会談した。両首脳の正式会談は1年3カ月ぶりだ。だが、文政権の下で、凍りついた日韓関係の雪解けは、とても期待できそうにない。そもそも、首脳会談を望んだのは、どちらだったか。韓国側に決まっている。それは、11月にタイで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議の際、文氏が半ば強引に安倍首相の袖を引っ張って、着座対話に持ち込んだ一件で明らかだ。

韓国大統領府は当時、事前の合意もなかったのに、勝手に写真を撮ってマスコミにばらまいた。自分に不都合な話だったら、そんなマネをする訳がない。不意打ち対話を周到に準備し、わずか10分間の会話でも「文政権の成果」と宣伝したかったのだ。 それと比べれば、今回は正式な首脳会談であり、準備時間も十分にある。日本側が徴用工問題を持ち出すのは明白だった。にもかかわらず、何も答えを用意していなかったのは、ほとんど当事者能力を失っているのに等しい。

だからこそ、安倍首相は会談で「韓国政府の責任で解決策を示せ」と迫った。「そちらが態度を変えなければ、こちらは何もしないよ」と突き放したのである。 文政権が前向きな解決策を示せるか、と言えば、それは難しい。反日を煽ってきたのは、文氏自身だ。いまさら宗旨変えしたら、肝心な求心力が失われてしまう。4月の総選挙を前に、それは絶対に避けたいはずだ。

スポンサードリンク
それでも、安倍首相に抱きつかざるを得なかったのは、自分が四面楚歌(そか)に陥っているからだ。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄は結局、見直して延長したが、一連の迷走で米国の信頼を失い、中国からも不信を買った。北朝鮮からは、とっくにバカにされている。 結局、日本に泣きつく以外になくなってしまったのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-12-25-k005.jpg

安倍首相は「分かってるな。オマエが中国の側に付こうとしても、簡単にはいかないぞ!」と、まさに現場で文氏にクギを刺したと記事では締めくくっているが、現実はそうではないだろう。日中韓サミットである。そこまで釘をさす場ではない。主役は日中首脳会談にある。韓国はおまけに過ぎない。すでに韓国は国家間の約束すら守れない状態にある。挙句に慰安婦問題でも司法がまた元徴用工問題と同じ判決を出した。何ともばかげた国である。

一度失った信頼は韓国の場合は取り戻せない。日本への恨みを朴槿恵に続き、文氏は加速し拡大した。ウソつき韓国であるから、重要な条約すら守らずに、慰安婦合意文書まで破棄したわけで、韓国司法がさらに上塗りする結果を出したわけで、大統領と司法の二大勢力ごっこに付き合っているほど日本は暇ではない。 国の形態が取れない韓国とは上辺だけで十分となる。そもそもが信用できない連中となる。国際社会でも通用しない。借金外交すら難しくなった韓国は次の手を失った事で、今後どうなるのかは国の崩壊を待つだけでしかない。
[ 2019年12月29日 09:36 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp