韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本で22万人近い数の子どもが不登校になっている背景

日本で22万人近い数の子どもが不登校になっている背景

2019年12月29日、中国メディアの信息時報は、日本で22万人近い数の子どもが不登校になっている背景について紹介する記事を掲載した。

記事は、「日本では1950年代から不登校の問題が出現したが、ずっと根本的な解決策がないままである」と紹介。文部科学省のデータによると、2018年に年間30日以上欠席した不登校の小中学生は16万4528人と過去最多となり、小学生が4万4841人で前年から9809人増、中学生が11万9687人で、前年から1万688人増加していると伝えた。また、高校生の不登校も増加しており、18年は5万2723人で、「合計すると22万人近い数の子どもが不登校になっている」と指摘した。

その上で、「不登校の問題が引きこもり問題を深刻化させている」と分析。内閣府による16年の調査によると、15歳から39歳までの引きこもりは54万1000人もいると紹介した。また、不登校の増加とともに自殺も増えており、18年には小中高校生332人が自殺したと伝えた。記事は、日本でこんなにも多くの子どもたちが不登校になっているのは、文部科学省の調査によると、家庭環境、クラスメートとの人間関係、いじめなどが主な原因だと指摘。こうした不登校になった子どもの選択肢として「フリースクール」があると紹介した。

スポンサードリンク
記事は、NPO法人フリースクール多摩川の代表者である吉川尚氏が、「不登校の原因の多くがコミュニケーションに根本的な問題がある」との見方を示し、貧困や家庭内暴力の影響が子どもたちの学校での態度に表れると分析していると紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-02-01-wa-1.jpg

「不登校に関する実態調査」(2014年文科省)によれば、不登校のきっかけとしてもっとも多いのは、いじめなどを含む「友人との関係」(53%)となった。じつに2人に1人が「友人との関係」を挙げている。文科省は2001年にも同様の調査を行なっており、前回調査でも「友人との関係」(44%)がもっとも多かった。

クラスカーストとは、同級生どうしで、地位、身分差、力の差をみんながなんとなく共有している状態をいうが、「上位グループ」「中位グループ」「下位グループ」がクラス内で形成され、みんながそのグループごとに与えられたキャラ、役割デイ来ることになる。例として、野球部やギャルグループといった「上位グループ」が教室内で幅を利かせ、一方でおとなしい子たちの「下位グループ」は公然とバカにされたりする雰囲気があるという。

クラスカーストが確立した教室内では、ほとんどの生徒がいじめの対象になったことがあり、その生徒自身も誰かへのいじめに加担したことがあるという状況になっていると言われる。

関連記事

[ 2019年12月30日 08:38 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp