韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船業、今年も中国を抑え受注量首位の見通し

韓国造船業、今年も中国を抑え受注量首位の見通し

韓国造船業が昨年に続き、今年も中国を抑え、受注実績で世界首位となる見通しだ。韓国造船業は昨年、受注量が7年ぶりに中国を上回り、首位を奪還していた。

造船業界によると、英造船・海運専門調査会社、クラークソンがまとめた今年1-11月の全世界の船舶受注実績で韓国は712万CGT(標準換算トン数)となり、世界シェア36%を記録した。受注額は164億ドルだった。2位中国は受注量が708万CGT(シェア35%)で、受注額は153億ドルだった。次いで日本が257万CGT(13%)で3位、イタリアが114万CGT(6%)で4位だった。

韓国は2015年、16年、中国・日本に次ぐ3位にまで転落したが、17年に中国に次ぐ2位に回復。18年には1308万CGTを受注し、中国(1000万CGT)を抑え、再び首位に立った。中国の造船会社は国営開運会社からの受注や低価格受注で11年から世界首位を独走していたが、中国造船業の構造調整が本格化する中、韓国が技術力を持つ液化天然ガス(LNG)タンカーの受注が回復したことで、首位の座を守った格好だ。

スポンサードリンク
韓国造船業は16年に最悪の受注不振に陥ったが、徐々にその影響から脱し、今年4月以降は建造量が増え、雇用も11万人台を回復した。造船業の雇用は15年末に18万8000人を数えた場、昨年8月には10万5000人まで減少。今年7月に再び11万人を超えた。 しかし、まだ完全な回復とは言いにくい。韓国の造船大手3社(現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業)はいずれも受注目標を達成できなかった。
http://www.chosunonline.com/

2019-12-30-k003.jpg

海上輸送の金額は回復しつつある中で、船舶価格は韓国造船業へ韓国政府が税金投入していることで、赤字受注にも拘わらず、低迷する造船業の失業対策が、船舶価格を低下させ、世界造船産業の足かせになっている。このツケいずれ大きくのしかかると推測する。

現状の為替は決して悪い値ではなくなった。これは米中貿易摩擦が一時緩和したことによる。いずれウォン安が加速するだろうと予想するが、状況によっては、海外投資家離れで金緩和が追い付かずに、一気に下落する可能性があるので注意が必要だ。
[ 2019年12月30日 09:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク