韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相と李克強首相の特別なクリスマス

安倍首相と李克強首相の特別なクリスマス

日本の安倍晋三首相は今年、特別なクリスマスを過ごした。 25日、中国の李克強首相の案内で国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産である四川省の水利・かんがい施設「都江堰」を視察したのだ。両首相は文化視察の前後に会談したり昼食を共にしたりして4時間ほど会話を交わした。

「都江堰を案内するのは私の『おもてなし』だ」という李克強首相の言葉に、安倍首相は「視察の同行、昼食会への招待など温かく行き届いたおもてなしに心から感謝する」と応えた。韓中日3カ国首脳会議に出席するため、安倍首相と同じ日に訪中した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日に帰国したが、安倍首相は一日長く滞在して思い出に残るクリスマス・プレゼントを受け取ったのだ。

両首相の地方同行は昨年に続き2回目だ。李克強首相が昨年5月、東京で行われた韓中日3カ国首脳会議を機に訪日した時は、安倍首相が案内役を引き受けた。2人は北海道のトヨタ自動車工場を一緒に巡り、関係を深めた。この時も文在寅大統領は会議が終わるやいなや訪日10時間で帰国してしまった後のことだった。

スポンサードリンク
両首相が2年連続で両国の地方視察を共にするほど密着しているのは、最近の北東アジア情勢の中で最も注目すべき点だ。2012年、日本の尖閣諸島(中国名:釣魚島)国有化により断交直前まで行った両国が、今は「日中新時代」を掲げている。中国の習近平国家主席は、訪中した安倍首相に対して来年4月の国賓としての訪日を事実上、約束した。牛海綿状脳症(BSE)問題で18年間続けてきた日本産牛肉の輸入禁止も解除した。今年日本を訪れた中国人観光客は昨年より10%以上増えている。
http://www.chosunonline.com/

2019-12-24-k005.jpg

借金外交しかできない文在寅が残ったところで、韓国の状況が変わることは無い。条約やぶりの韓国と言うのは世界中から信頼を失っている事すら認識していない。文在寅は金正恩と変わらなくなった。所詮は朝鮮人という事だろう。日本との戦争を避け無条件降伏し、挙句に一生恨むような国では未来はない。自分たちの弱さを反省するのではでなく、相手を恨むという卑劣さ。歴史依存が云々と言う次元ではない。単なる恨みであるから、国は伸びるすべも知らない。

関連記事

[ 2019年12月30日 12:23 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp