韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の昨年の輸出10.3%減、過去10年で最大の下げ幅

韓国の昨年の輸出10.3%減、過去10年で最大の下げ幅

韓国の昨年12月の輸出が前年同月比5.2%減少し、13カ月連続でマイナスとなった。2019年通年では前年比10.3%減少し、世界的な金融危機の影響があった2009年(13.9%減)以降で最大の減少幅を記録した。

韓国関税庁によると、12月の輸出は457億ドルで、前年同期を24億9000万ドル下回った。輸出は18年12月に減少に転じ、半導体価格の下落と米中貿易紛争、中国の景気低迷などの影響で昨年は年間を通じて不振だった。15大品目の輸出が12.2%減少し、輸出全体の減少幅を上回り、特に最大の輸出品目である半導体の輸出は25.9%減少した。

この結果、昨年の輸出は目標の6000億ドルに届かない5424億ドルにとどまった。貿易黒字は392億ドルで12年(282億ドル)以降で最低だった。輸出入を合計した貿易総額は1兆456億ドルで、3年連続で1兆ドルを達成したが、前年に比べれば8.3%減少した。輸出減少幅が7カ月ぶりに1桁台の縮小し、対中輸出が14カ月ぶりにプラスに転じたことはポジティブな兆候だ。

スポンサードリンク
20年は昨年よりも全体的に輸出環境が改善するが、旧正月の連休もあるため、1月までは輸出のマイナスが続く可能性が高い。昨年は2月だった旧正月連休が今年は1月に前倒しとなり、操業日数が昨年の24日から今年は21.5日に減少する。このため、輸出の回復が期待されるのは2月以降だ。産業通商資源部は、今年1-3月の早期に輸出がプラスに転じるように全力で支援を行うと表明した。
http://www.chosunonline.com/

2020-01-02-k003.jpg

一方日本の財務省が発表した10月の貿易統計では、輸出額は前年同月比9.2%減の6兆5774億円となった。11カ月連続で減少したことになる。2016年10月の10.3%減以来3年ぶりの落ち込み幅だ。米中貿易戦争の影響が長引いており、中国やアジア向けの自動車や鉄鋼などの輸出が低下した。アジア全体への輸出は11.2%減の3兆5361億円。このうち、中国向けは10.3%減の1兆3230億円。中国への輸出はプラスチック原料となる有機化合物が24.9%減となった。

また自動車部品は21.1%減、自動車用エンジンを主力とする原動機は24.9%減で、ハイテク製品だけでなく、製造業全般に関わる幅広い品目で需要が縮小した。日韓の貿易をめぐる対立が加わり、韓国向けは23.1%減の3818億円。米国への輸出は11.4%減の1兆2676億円、欧州連合(EU)向けは8.4%減の7436億円となった。10月の輸入は14.8%減の6兆5601億円。台風被害で物流が滞った影響もある。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は173億円の黒字(前年同月は4562億円の赤字)と、4カ月ぶりに黒字転換した。

関連記事

[ 2020年01月02日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp