韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の造船業、中国抑え船舶受注量2年連続世界一の見込み

韓国の造船業、中国抑え船舶受注量2年連続世界一の見込み

2019年12月30日、新浪財経は、韓国の造船新規注文量が2年連続で世界トップになる見込みだと報じた。

記事は、英調査会社クラークソン・リサーチの統計として、2019年11月末現在で韓国の造船業が712万CGT(標準貨物船換算トン数)相当の民間用船舶の注文を受け、世界の造船企業による総受注量の36%を占めたことが明らかになったと紹介。

このペースで推移すれば、年間の受注量が18年に続き中国を抜いて世界一になる見込みだとした。

その上で、韓国の造船業がこの2年間好調な理由として、韓国政府が補助金や金融支援、減税、さらには自ら発注するといった助成を行ってきたこと、そして韓国の得意とする液化天然ガス(LNG)船舶の注文が多かったことを挙げた。

スポンサードリンク
特にLNG船舶については、18年に76隻あったLNG船舶の注文のうち韓国企業が87%に当たる66隻を建造したとの統計を紹介したほか、19年も11月末現在で韓国の三大造船企業が51席ほどを受注し、やはり世界の受注量の80%を占めたとしている。さらに、20年もロシア、カタール、モザンビーク、サウジアラビアといった国でLNG船舶の注文が多くなる見込みであり、韓国が3年連続で造船全体の受注量トップを守る可能性があると伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-08-19-sa.jpg

現在1ドル 1156ウォンとなるウォン安維持状態だ。一昨年からウォン下落が加速すると思いきや、米中貿易摩擦で運よくとどまった。今回、米中貿易摩擦は一応止まった状態となり、次のステップ待ちとなった。これを受けてドルが強くなり、ウォン高傾向に動いた。韓国としては米中貿易摩擦で通貨危機を逃れた形だ。そして米中貿易の一段落で、ウォン高へ動いてはいるが、まだまだウォン安値である。しかも造船業にとっての損益分岐点を見ても利益が出る状態となっている。

政府が税金投入で、低迷する造船業の雇用を確保するため、失業率上昇を避ける政策として税金投入を継続的に実施してきた。またウォン安下落においては金融緩和を実施してきた。ウォン量が少ない事で金融緩和に失敗すれば、一気に通貨下落となるが、運が良いというのか、一昨年から本来通貨危機になっても不思議はない状態だが、米中貿易摩擦に助けられたと言ってもよいだろう。

関連記事

[ 2020年01月02日 12:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp