韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓日関係悪化で釜山も打撃 「日本人客が来ない」

韓日関係悪化で釜山も打撃 「日本人客が来ない」

韓国南部の釜山市は3日、昨年11月に釜山を訪れた外国人観光客は21万2624人で、前年同月比6.9%減少したと発表した。同市を訪れた外国人客が前年同月比で減少したのは、18年9月(0.4%減)以来13カ月ぶり。韓日関係の冷え込みによる日本人観光客の急減が最大の理由に挙げられる。

昨年11月に釜山を訪れた日本人観光客は3万9536人で、前年同月比31.7%減少した。釜山を訪れた外国人観光客のうち、日本人が占める割合は18.6%と最も大きい。

日本人観光客が大幅に減少した半面、中国や台湾などの観光客は増加傾向を示している。昨年11月に釜山を訪れた中国人観光客は前年同月比14.3%、台湾からの観光客は同12.9%増加した。

同じ月に釜山を訪れた東南アジア主要6カ国(シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン)の観光客も13.5%増加した。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
2020-01-04-k003.jpg

昨年7月の韓日関係悪化以降、日本人も韓国を訪問していない。釜山の外国人観光客減少は韓日関係悪化に伴う日本人観光客の急減が最も大きい原因となる。昨年11月、釜山の日本人観光客は3万9536人で2018年11月5万7869人に比べて31.7%も減った。また、昨年11月の全体訪韓日本人観光客は25万8522人で、前年同月29万9978人から13.8%減少した。地理的に近い釜山の日本観光客減少幅が全国に比べて2倍以上高い。

これは日本の輸出規制による韓日葛藤により、両国の観光交流の沈滞、航空運航便の減少など旅行環境が悪くなったためだ。これに伴い、韓流に関心が多く、政治的に敏感ではない日本20~30代観光客を対象にオーダーメード型のテーマ観光コンテンツの拡充とマーケティングが必要だとしている。釜山市観光MICE産業局長は、「外国人観光客の月別推移などを綿密に分析して韓流観光商品やムスリム観光客誘致商品の開発、観光市場の多角化などを推進して釜山への観光客誘致を拡大する」と話している。

関連記事

[ 2020年01月04日 09:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
あれれレ・韓国を訪れる日本人は増えてると言ってたが?
日本不買運動によって日本を訪れる韓国人が激減して日本の観光地は悲鳴を上げている一方韓国を訪れる日本人は若い女性を中心にむしろ増えている、なんて記事が出ていたがあれは嘘だったのか?
それに日本オリンピックで放射能をさけて釜山でキャンプをする世界のアスリートで溢れている、とも言っていた。
全部嘘だったのか?

[ 2020/01/04 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp