韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「アメリカvsイラン」開戦秒読み 米軍が革命防衛隊司令官ら7人を空爆で殺害…トランプ大統領が指示

「アメリカvsイラン」開戦秒読み 米軍が革命防衛隊司令官ら7人を空爆で殺害…トランプ大統領が指示

米軍は3日未明、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」を率いるソレイマニ司令官の車列をイラクの首都バグダッドで空爆し、同司令官ら7人を殺害した。米国防省によると、ドナルド・トランプ大統領が指示したとされる。イラン最高指導者ハメネイ師も米国への報復を警告する中、米軍は中東への3000人の派兵も決定。事態は一触即発の段階に入った。

バグダッドの国際空港近くで3日未明、ソレイマニ氏の車列が爆発、炎上した。ミサイルが撃ち込まれた車両は無残な姿をさらした。国営イラン放送は、米軍のヘリコプターによる攻撃で司令官とコッズ部隊幹部ら計10人が殺害されたと伝えた。ロイター通信によると、米当局者は無人機攻撃だったとしている。 ソレイマニ氏は、イランの対外工作を取り仕切るコッズ部隊を率いる反米保守強硬派の代表格で、イラクやシリア、レバノンなどの秘密工作を主導。イスラム教シーア派組織に軍事顧問を送り込み、武器を供与、イランを中心として反米、反イスラエルで結集する「中東の抵抗戦線」を築き上げてきた。

最側近を失ったイラン最高指導者のハメネイ師は「血で手を汚した犯罪者は重大な報復を受けるだろう」と声明を発表した。「報復」対象は、中東の駐留米軍の施設と兵員、同盟国イスラエルやサウジアラビアなどの権益が考えられる。

スポンサードリンク
米国防省は空爆について、「イランの攻撃計画を防ぐことが目的」と主張。昨年12月末の米国人が死傷したイラク北部でのロケット弾攻撃や、バグダッドの米大使館襲撃に司令官が関与したための「防衛行動」と説明。
http://www.zakzak.co.jp/

2020-01-05-k007.jpg

イラン国連大使は、アメリカに殺害された司令官について、テロ組織の掃討作戦に当たってきた人物だとし、アメリカの外交官などを標的にした攻撃を計画していたと主張するトランプ政権に反論した。また、CNNのインタビューの中で、「司令官の暗殺は開戦に等しい」と述べ、軍事的報復の可能性に言及して警告している。

アメリカ軍が、イラクの領内でイランの精鋭部隊、革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことを受け、イランのラバンチ国連大使は3日、国連のグテーレス事務総長と安全保障理事会の議長に対して書簡を送っている。この中でラバンチ大使は、「ソレイマニ司令官が国際法と国連安全保障理事会の決議に沿う形で、周辺国家の要請に基づいて過激派組織IS=イスラミックステートなど最も危険なテロ組織の掃討作戦に従事してきたことは関係国が広く知るところだ」と主張し、ソレイマニ司令官がアメリカの外交官や軍人を標的にした攻撃を計画していたとするトランプ政権の主張に反論している。

イランとしては、国連を通じて主張を展開し、国際社会の支持と理解を得たい。一方ラバンチ国連大使は、アメリカのCNNのインタビューの中で、「軍事行動には軍事行動で対応する新しい段階に入った。司令官の暗殺は、イランに対する開戦に等しい」と述べ、軍事的報復の可能性に言及している。

関連記事

[ 2020年01月05日 09:53 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp